ハンドメイドのワークショップ(体験型講習会)の開き方


  1. 043

販売に慣れて来たり、ハンドメイドの講師以上の資格がある人は、人に教えるということを考えてみるのもいいでしょう。お客様は商品が可愛いなと思っても、初めての人から買うのはちょっと不安があるものです。でも、直接会って話をしたり教えてもらったりすると、グッと距離が縮まってファンになってもらえる可能性が増えます。まずは、手軽な1day講習会や、イベントなどのワークショップから始めてみるのがいいでしょう。では、今日はワークショップの開き方について説明します。

①日程・場所・作るもの・講習料を決める 日程:来てくれるお客様を想定して、2時間くらいを目安に考えてみましょう。
場所:自宅、カフェ、レンタルスペース、イベント会場などお客様が来やすい場所を確保しましょう。
作るもの:自分が得意なもので、お客様が簡単に作れて興味を引くものを考えてみましょう。
講習料:場所代、交通費、見本制作費、地域の相場などを考慮して損をしない値段設定にしましょう。材料費別、2時間2,000円位のところが多いようです。
人数:はじめは欲張らず3~4人ぐらいの少人数にしてみましょう。
②参加者を募集する ブログ、SNS、チラシ、口コミなどで宣伝しましょう。
最初のうちは実績がないのでなかなかお客様が集まらないかもしれません。そういう時はお友達などにお願いしてモニターになってもらうのも一つの手です。(最初のうちは、利益を考えずに実績を作ることを考えましょう。モニター料金は無料~半額にしたり、材料費だけにしてもいいでしょう。)
出来れば予約制にして事前振り込みにしてもらうと、急なキャンセルでお金をもらい損ねることがありません。その場合は申し込んだ人にだけ口座番号をメールなどでお知らせしましょう。キャンセルポリシーを決めておいて、当日現金払いにしてもいいでしょう。
③キットを準備し、実際に誰かに教えてみる キットはなるべく可愛くて(お客様の好みで)、簡単に作れるものを用意しましょう。自分で作るとしたら30分以内に作れるものがおすすめです。また材料・作り図などの説明書は1人分ずつセットにして、道具なども用意しておきましょう。
準備ができたら、家族や仲のいい友達などに実際に教える練習をさせてもらいましょう。その場合は、あまり器用な人にお願いしないのがコツです。教えたら実際にどうだったか感想を聞き、改善点があれば当日までに改善しておきます。

009
④前日はリマインダーを送りましょう 予約時期が早かったりすると、うっかり忘れてしまうお客様もいるものです。必ず前日にメールなどでお知らせしましょう。(講座名・日時・場所・持ち物など)
⑤当日の流れ 1.当日は、少し早め(15~30分位)について会場の準備をし、お客様をお迎えしましょう。
2.当日現金払いの場合は必ずお金をもらい忘れないようにしましょう。領収証が必要な人には発行しましょう。
3. キットが何種類かあれば、好きな色を選んでもらいましょう。(予約時に決めてもらうと更に良いです)
4.始まる前に講座風景を写真に撮らせてもらったり、感想をブログに載せてもいいか確認しましょう。(嫌な人は、加工したり写真に写らないように配慮しましょう)
5.当日は必ず出来上がり見本を用意し、最初に大まかな流れを説明します。その後は、お客様の進行状況を見ながら順番に作り方を説明しましょう。
6.なるべくみんなが同じ進み方が出来るよう気を配りましょう。
7.完成したら出来上がりを褒めたり、完成品を写真に撮らせてもらったりしましょう。時間があれば和やかに雑談などをするのもいいですね。
8.最後にお客様の感想をアンケートなどでもらうとよいでしょう。(ブログやSNSで紹介したい場合は必ず本人の許可を得ましょう)
9. 終了後はお客様をお見送りしてきちんと後片付けをして帰りましょう。
⑥終わってから 参加して下さったお客様にメールなどでお礼を伝えましょう。
許可を得たお客様の写真や感想をブログやSNSで紹介すると、お客様も喜びますし次の集客にも効果があります。忘れないうちにワークショップの様子を記事にしてみましょう。
収支計算をし、お客様の声と共に次回のワークショップを開催する時の参考にしましょう。

 

以上がワークショップの流れです。人に教えるというのは自分が作り方を理解していないと出来ることではありません。だから最初はちょっと緊張するかもしれませんが、人と交流するのが好きな人にはとても向いています。とかくハンドメイド作家は家にこもって一人で作業をする時間が多くなりがちですが、人に教えると流行や生徒さんが作りたいものがわかるので、次の自分の作品のデザインのヒントになったりレベルによる作品作りのコツがわかったりとメリットがたくさんあります。ワークショップに慣れてきて、生徒さんが集まるようなら定期的に教室を開くのもいいですね。毎月安定的な収入も得られるので一石二鳥です。ぜひ、挑戦してみてくださいね。

*ハンドメイドのジャンルや生徒の人数にもよりますが、個人的にはハンドメイド作家の仕事の中で講師が一番安定した収入が得られるしファン作りにも効果的だと思っています。

 

はじめてのブランディング講座

WordPressでHPを作る講座

講座案内

Follow me!