まずは苦手なことにたくさんの時間をかけてみよう


022

ネットショップやハンドメイドサイトで「ハンドメイド商品を売りたいな~」と思った時、ひとつひとつの手順を追ってみると、だいたいこの10段階に分類できます。

①デザインを考える
②材料を揃える
③商品を作る
④商品写真を撮る
⑤ハンドメイドサイトに商品を登録する
⑥ブログやSNSに記事を書いて宣伝する
⑦注文を確認する
⑧ラッピングする
⑨発送する
⑩お金や帳簿の管理をする

でも、この作業を全部好きな人は少ないと思います。デザインするのが好きな人、作るのが好きな人、写真を撮るのが好きな人、記事を書くのが好きな人、ラッピングしたり発送したりするのが好きな人、色々な人に分かれるんじゃないかな?だから、ついつい好きなことをたくさんやってしまうと思うけど、慣れないうちはなるべく苦手なことをたくさんやった方が効果があります。

え~! こんなにやることがあるのに、苦手なことを!? と思うかもしれませんね。

私も3年前に初めてネットショップを作ることになった時、「とりあえず12点ぐらい商品を登録して」と言われて、商品写真を撮ったのですが、背景がよくないとか、光の向きがよくないとか、コーディネートがよくないとか、何度も何度もダメ出しされて・・・。「う~~~!私はカメラマンじゃないのに、何でこんなに毎日毎日、商品写真を撮らなきゃいけないんだろう?」と思いましたが、自分で引き受けた以上やめる訳にはいきません。写真の上手い友達にコツを教えてもらったり、本を読んだり、レンズを変えたり、リモコンや三脚やレフ版を使ったりして、1週間のあいだ毎日毎日100枚以上撮り続けたら、何とか納得できる写真が撮れるようになってきました。

商品説明文も、最初の2~3点はウンウン唸りながら書いてましたが、そのうちだんだん慣れてスラスラ書けるようになってきました。

だから最初は大変かもしれませんが、ちょっとだけ苦手なことをがんばってみませんか?そうしたら、きっと苦手意識が少なくなって、やることの流れがスムーズになってきますよ。

それでも、やっぱりどうしても苦手なことがある場合は、誰かに手伝ってもらってもいいし、苦手な作業だけまとめてやってもいいし、別の方法に変えてもいいし・・・。自分なりに出来そうな方法を見つけてみてくださいね。

はじめてのブランディング講座

WordPressでHPを作る講座

講座案内

 

026

2017-01-22 | Posted in ハンドメイド作家としての心構え, ハンドメイド作家講座Comments Closed 

 

関連記事