作ったものを売るだけではないハンドメイド作家の仕事


009

 

ハンドメイド作家としてお金を得る場合

やはり一番最初に思い浮かぶのは

ハンドメイドサイトやイベントなどで

作ったものを売る方法ですよね。

 

でも、実は経験間もないハンドメイド作家さんが

それをやるのは一番難しい方法なんです。

 

例えば、ネットショップを例にあげると

①ハンドメイドマーケットサイトに登録する

②オリジナル商品を作る

③商品の写真を撮る

④商品の説明文を書き商品登録する。

⑤毎日ショップをチェックする

⑥売れたら振り込み確認をし

領収書と納品書を作り

きれいに包装して発送する。

 

実際にやってみるとわかりますが

作品を作るより他の労力の方が

何倍も大変なんです。

だから、始めてはみたものの

途中でやめてしまったり

一生懸命コンサルに通ったりしても

成果が出ない人が多いのでしょう。

 

本当は、売りたいならもっと身近な人から

はじめてみたほうがいいのです。

いつもあなたが作ったものを

素敵に身につけたり、使っていたら

きっと誰かが「あら、素敵!それ作ったの?」

なんて声をかけて来てくれるでしょう。

 

そんな人には自分がハンドメイド作品を作ったり

販売していることをさりげなく話してみましょう。

すぐに買ってはもらえなくても、興味を持って

いつかきっと頼んでもらえるでしょう。

(押しつけや押し売りは逆効果なのでやめましょう)

 

また、実はハンドメイド作品を売るよりも

ハンドメイド講師になって教えるほうが

毎月安定した収入を得られます。

もちろん、そのためには

人に教えられるだけの知識と技術と

生徒さんから信頼される人柄が必要なので

誰でもなれるわけではありませんが・・・。

 

他にも、もっとレベルはアップしますが

企業やメーカーや出版社と一緒に

商品企画したり、依頼されて作品を作ったり

などというお仕事もあるのです。

 

ハンドメイド作家講座では

ハンドメイド作家の様々な仕事や

実際になる方法や目標に近づく方法を学び

あなたが理想とするハンドメイド作家に

なるにはどうしたらいいかを考えていきます。

 

ひとりひとり無理なくステップアップできるよう

詳しくアドバイス致しますので

これからハンドメイド作家になってみたい方

既にハンドメイドを仕事にしているけれど

もっとステップアップしたい方は、ぜひ

「第3期ハンドメイド作家講座」にお申し込みくださいね♪

 

 

Follow me!