自分で仕事を切り開いていくには根性が必要だよね


­­

先日、女性起業家応援フェスタでお会いした外資系金融機関勤務のファイナンシャルプランナーの方とランチしながら色々お話したのですが「やっぱり自分で仕事を切り開いていくには根性が必要だよね」という話題になりました。聞いてみると学生時代の部活動は、彼女はテニス部、私はバスケットボール部。

よく、就職活動で学生時代に運動部の人の方が有利と聞きますが、その真意が分からなくもないな~と思います。だって、運動部ってめちゃくちゃキツイんですよ。昔は塾なんてなかったから、平日の朝練、放課後練習は当たり前で、週末も練習試合や季節ごとの大会。週1回のクラブの時間だって「バスケ部はバスケットボールクラブへ入れ」と言われて部活動と同じ練習内容です。お休みはお盆とお正月に3日位ずつとテスト期間しかありませんでした。

しかもマラソン大会では、顧問の先生から「バスケ部は全員20位以内に入れ!」とか謎の指令が出るんです。当時バスケ部は1学年に15人でしたから、女子の20位以内はほぼバスケ部とテニス部でした。そんな生活を小学3年生から10年以上もしていれば、嫌でも根性がついちゃいますよね。(笑)

でも、根性がついただけでなく運動部でよかったな~と思うのは「失敗を恐れない性格になれたこと」。だって、初めての練習をするときは絶対に上手くなんて出来ないんですよ。それを来る日も来る日も何度も何度も練習して、上手くいった時の気分といったら!もう最高♡ だから、出来ないから止めちゃうんじゃなくて出来るまでやる、出来ないのはなぜか考えてどうやったら出来るようになるか工夫する、そういうことを考える癖がついたような気がします。

それから、バスケットボールはチームプレーだったので「チームメイトと上手く呼吸を合わせること」「自分のポジションの役割をきちんと果たすこと」「体と気持ちをいつも良好な状態に保っておくこと」そんなことも、とても大事なことでした。もちろん、これは運動部だけじゃなくて文化部だって当てはまると思いますけどね。

そんな訳で、私はハンドメイドが仕事で小柄で女性らしい外見なので、いつもおっとりしていて気弱な性格に見られてしまうんですが、話してみると「すごくガッツがある!」「前向きで話していると元気が出る!」とよく言われます。性格は男性的でリーダー気質なので、きっと中性的なんじゃないかなと思います。

だから、ちょっと勇気が出ない人はぜひお話してみませんか?きっとあなたの背中を押して前へ進む勇気を与えることが出来ると思いますよ。ただ残念ながら、自分でやる気のない人をやる気にさせることは出来ませんし、私の力を借りれば何とかなるんじゃないかと他力本願な人には手を貸すことは出来ませんので、その点はご了承くださいね。

 

《スクール情報》

はじめてのブランディング講座

日時:2017年3月4日(土)10~12時
場所:新宿文化センター 第3会議室
講習料:5,000円
定員:限定8名 (残2名)

個人コンサルティング

講座案内

2017-03-03 | Posted in 全体, 生き方Comments Closed 

 

関連記事