元廣・ピュアメリノ 「ケーブルとかのこのオフタートルネックのベスト」完成


元廣・ピュアメリノ「ケーブルとかのこのオフタートルネックのベスト」が完成しました。スクールガール風にコーディネートして写真撮影してみましたので見てくださいね~♪

模様は胸のところに3本入れて、他はかのこ編みと2目ゴム編みでシンプルに仕上げました。編地を横方向に編むことで、ケーブル模様が胸元に出てアクセントになっています。着丈は前後差をつけて、スタイルよく見える工夫をしました。シャツカラーのトップスと合わせてコーディネートするために、襟あきは通常よりもゆったりとっています。

襟は棒針を3号、4号、5号、6号と太さを変えて編むことで、きれいにネックラインに沿うように広がります。この時、ゴム編み止めも編地に合わせて少しゆったり目にすると更に美しく仕上がります。

こちらはデザイン画。かのこ編みの作品を作りたかったので2点デザインしましたが、毛糸に膨らみがあるので左側のデザインを採用しました。仕上がりを見て、袖のゴム編みは当初よりやや短め (6㎝→3㎝) に変更しています。

こちらは毛糸と模様編みの試し編み(スワッチ)です。ニット作品を作る場合はゲージをとって計算するために、必ずスワッチを編む作業が必要になります。

やっぱり編んでみるまではどんな作品になるのかわからないので、毎回ドキドキしますね。このスワッチを編んで、模様をあれこれ考えているときが一番楽しい作業です。時には2~3日ひたすら編み続ける時もありますが、ここがデザインの要なので模様決めは慎重に行います。

こちらは製図です。製図は1/4製図用紙に描きます。製図をするときは、なるべく初心者の方でも簡単に編めるように工夫します。今回は、前身頃を裾に向かって斜めにカットすることと、前後差をつけてスリットを入れることで着やせ効果を狙いました。

製図が描けたら、模様の部分は実物大の製図を描いて、模様と製図がきれいに合うように調整します。ゲージに合わせた実物大の用紙を作って模様を書き込みコピーして貼り合わせて作っています。パソコンでも出来ますが、やっぱり実物を目で見て調節した方がきれいな模様が出来るので、手間はかかりますがこの方法で行っています。

実物大の模様を描いて製図と合わせます。特に「前身ごろの襟ぐり」「肩」「袖ぐり」の、3点の模様の出方に注意すると美しいニットに仕上がります。この時に模様と製図がピッタリ合わない場合は、模様を優先してサイズを調節します。

これで、製図が完成しました!

皆さんに楽しく編んでいただけるように、これからも編みやすく美しいニットをたくさんデザインしていきますので、どうぞよろしくお願い致します♡

使用糸:元廣・ピュアメリノ 315g(8玉)
使用針:棒針6号、5号、4号、3号
出来上がり:バスト102cm、着丈前50cm、後ろ57cm

 


第5期ハンドメイド作家講座

今回で最後の募集となります。活躍できるハンドメイド作家になるために一緒に学んでみませんか?年齢、性別、ハンドメイドのジャンルは問いません。イラストレーター、クリエイター、初心者の方も大歓迎です♡

日程:4月9日(日)、4月22日(土)、5月14日(日)、5月27日(土)、6月10日(土) 《全5回》
時間:13:15~16:00
場所:新宿文化センター第4・5会議室
講習料:40,000円 (事前振り込み、2回払い可)
講師:手芸&ブログ初級・沼里良枝、写真・丸山すみ

 


2冊の監修本はこちらです。

自分のブランドを立ち上げる! ハンドメイド作家 売れっ子になる法則
沼里良枝
ナツメ社
売り上げランキング: 89,180

 

ハンドメイド作家になりませんか? (ブティックムックno.1279)
ブティック社 (2016-05-19)
売り上げランキング: 298,798

 

2017-03-30 | Posted in 作品紹介, 全体Comments Closed 

 

関連記事