プロからアドバイスされたことを、素直に一度やってみる人がどんどん才能が伸びていく


SNSで色々な人のブログなどを読んでいると、「人と比べて自分は出来ない」とか「あの人は上手くいってるのに自分は上手くいかない」と、他人と比べて落ち込んだりすねたりしている人が多いなぁという気がします。

そんな私も、やっぱり上手くいかない時は「あ~、あの人は、また本に載ってるのか。すごいな~。それに比べて私は・・・」なんて落ち込んだり、羨ましく思うこともありました。やっぱり人間だもの。そういう感情が湧いてくるのは仕方がないことですよね。でも、そんな気持ちが湧いた時に「え~い、今に見てろ~!私は、もっと活躍するんだからね~!」と自分に発破をかけるのか、「やっぱり、私なんて才能がないのかもしれない」とあきらめてしまうのかで、その先の結果は大きく変わってきてしまいます。

今、活躍している人の見えている部分は、その人のほんの一部です。活躍している人の経歴をよく見ると、皆さんその活動を始めてからすでに10年位は経っています。その前の段階を含めたら何年やっているのかわかりません。だから、相手の今まで積み重ねてきた地道な努力を見ることなく、今の状態で自分と比べるのは全く意味のないことです。

ただ、やはり人には向き不向きというものがありますよね。何年、何十年やっても芽が出ない場合は、やり方が間違っているか、あなたには向いてないのかもしれません。その場合は、今までとはやり方を変えたり、すでに達成している人からアドバイスを受けた方がいいでしょう。私も自己流から、プロのアドバイスに切り替えて、ずいぶんやりたいことが出来るようになりました。

その時に大事なことは、素直にアドバイスされたことを一度やってみることです。やりもしないで、あの人にアドバイスしてもらったけど上手くいかない、というのは無しですよ。特に知識や経験がある人は、古い習慣やプライドが邪魔をして新しい提案やアドバイスを素直に受け入れられない傾向があります。そんな様子を傍から見ていると、すごくもったいないな~と思います。

結局、いくつになっても勉強は続くのです。これからは、新しい知識を自分より年下の人から教わることも増えるでしょう。その時に、素直にアドバイスを聞いて一度その通りにやってみる人がどんどん伸びていってますよ。

《スクール案内》

第5期ハンドメイド作家講座

個人コンサルティング

スクール案内のご請求はこちら

 

Follow me!