フリーランスはどうしたら覚悟や自信を持てるようになるのか?


結局のところ、フリーランスで働く上で一番大事なのは自分の中の「覚悟」なんじゃないかな?

いくら勉強して資格を取ったって、いくら周りの人から素晴らしいと褒められたって、自分が仕事としてやっていこうという覚悟がない人はいつまでたっても仕事には出来ない。

逆に、今は知識や技術は未熟でも絶対にプロになって活躍しようと思っている人は、どんどん力をつけてそのうち頭角を現してくる。

だから、他の人より一歩前に出る覚悟、自分から仕事を作り出す覚悟、人から頼まれたらやってみる覚悟、何かあったら自分が責任を取る覚悟、そういうものがない人は無理なんだな・・・というのを実感しています。

私も5~6年前までは、どうしても覚悟ができませんでした。それは主に体調面の不安でからでしたが、人からどんなに褒められても、「〇〇をやってみれば?」と勧められても、どうしても受け入れることが出来ませんでした。なぜなら、もう一度再発したらまた全てを失ってしてしまうと思って怖かったから。

でも、どうしてもやらざるを得ない状況に追い込まれ、少しずつ体調も回復していくにしたがって、だんだん覚悟が出来てきました。そして、ひとつずつ行動するごとに成果を出して周りの人にも認められ、だんだん自信も持てるようになってきました。

その時、やっと気づいたのです。結局、自信なんて自分でやりながら身につけるしかないんだってね。失敗して恥ずかしい思いをして、それでも何とかしようともがいて、また挑戦して・・・そうやって行動した人にしか味わうことの出来ない思いがあるんだな~と実感しています。

最近、これは何かに似ていると思っていたのですが、・・・何だと思いますか?

ジャーン!

それはスポーツです。

私は小学3年生からバスケットボール歴12年のスポ根女子だったのですが、毎日毎日くり返し練習をして、試合となれば相手がどんなに強い相手でも、どんなに苦しくても、終了のホイッスルが鳴るまでは戦わなければならない。

私はポイント・ガード(ゲームの流れを組み立てる司令塔)か、スモール・フォワード(攻守の要の何でも屋)だったので、とにかく相手のコートまでボールを運ばなくては試合になりません。だから、日々の練習には手を抜けないし、相手の隙をつき一瞬のチャンスも逃さない。こう見えて、意外と戦略家なんですよ。(笑)いや~、それを言うと昔の仲間からは「何言ってるの?ボケ、ボケで天然でしょ?」と言われてしまいますがね・・・。

まぁ、実際は先のことなんてわからなし、こうしようと思ってアプローチしたことはダメだったけど、全然思ってもいなかったところからもっと面白いお仕事が来たりして・・・思った通りになんて、なかなかならないよ。だからこの世は面白いのかもしれませんね。

やりたいことがあるなら、とりあえずやってみればいいんじゃない?覚悟や自信なんて後からついてくるものだよ。年齢や性別や経験なんてぜんぜん関係ない。やるか、やらないか、ただそれだけなんじゃないかな?

 


第14期さいたま女性創業塾

大人気のため、急遽定員を増やしました。(30名⇒35名)
お申し込みはお早めにお願いします。

2017年7月1日、8日、15日、22日、29日、8月5日(土) 9:40~16:30
大宮ソニックシティ808号室(JR大宮駅徒歩3分)
主催:さいたま商工会議所
講習料:6,000円

Follow me!