好きなことって、誰かに止められても、一円ももらえなくても、自然に続けてしまうことなんだろうな~。


パピー・リンシェネ試し編み

今年になって、ハンドメイド作家育成から起業支援をすることになり、編物や刺繍があまり出来なくなってしまったので、使ってくれる方に少しずつお譲りすることにしました。材料も古くなるとダメになっちゃいますからね。

でも、やっぱり時間があると作りたくなっちゃうんですよね。これは去年編もうと思っていたパピー・リンシェネのサマーセーター。時間が経ってしまったので、もう一度ゲージを編み直し中です。デザインも考え直し中。

今までは10年間、出版社やメーカーから指定された糸で指定されたアイテムを流行を意識してデザイン・制作していましたが、こうしてまた自分の作りたいものを自分のために作るのがとても新鮮です。出来上がったニットを着て、どこへ行こうかな〜?なんて考えるのがとっても楽しいですね。

そういえば編物を好きになったのは、小学3年生の時に担任の先生に、かぎ針編みの三角ストールの編み方を教えていただいたのが、きっかけでした。どんどん大きくなっていくのが嬉しくて、作ったらみんなが褒めてくれるのが嬉しくて、次々と作ってしまいました。

よく「沼里さんは好きなことがあっていいね」なんて言われますが、好きになるきっかけなんて、本当に些細なことなのかもしれませんね。

昨日は、さいたま商工会議所主催の「第14期さいたま女性創業塾」で、ハンドメイドを仕事にしたい35名の素敵な皆さん達に「ハンドメイド作家として自立する心構えと売る技術」の講義をしてきました。楽しかったなぁ。

皆さん頷きながら熱心に聞いてくださって、「もっと早く教わりたかったです。」「これから、どんな風にハンドメイドを仕事にして行こうかワクワクしてきました。」「色々なジャンルの仲間が出来て楽しくなりました。思い切って参加してよかったです。」な〜んて言ってくださって、私もワクワクしてきました。

来週は中小企業診断士の上岡実弥子先生の「ターゲット設定と利益確保」です。また皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

第14期さいたま女性創業塾懇親会

懇親会の様子です。皆さんパワーがあって、楽しくてついつい飲み過ぎちゃいました。(講座の様子はまた後日アップします。)

Follow me!