私がハンドメイド作家の起業支援を始めた理由


ビジネスジャーナル掲載の『急増するキラキラ起業女子、大半は経済困窮…SNSで必死に「華やか&リッチライフ」自己演出』http://biz-journal.jp/2017/06/post_19404.html にも書かれているように、キラキラ起業女子が手がけるビジネスのなかでも目立つのは、美容コンサルタントや心理学コンサルタント、起業支援といった領域・・・ということで、私がハンドメイド作家の起業支援に力を入れると言い出したら、友人が心配して連絡をくれたので、今日はそのことについて書きたいと思います。

私は、2015年6月からハンドメイド作家育成の仕事をしていますが、実はその構想を考え出したのは3~4年前の2012年ごろです。きっかけはブログを書いていたら「どうしたら沼里さんみたいにハンドメイド本で仕事が出来るようになれますか?」という読者の方からの質問でした。それからブログでハンドメイド作家になる方法を少しずつ書き始めました。そして、いつかこれを出版して、25年以上ハンドメイド業界で悩み苦しみながら得た貴重な経験を生かして、ハンドメイド作家になりたい人たちの役に立ちたいと思い始めました。

そんな頃、ハンドメイドマーケットプレイスでのネット販売やイベント販売が流行し、ハンドメイドブームが起こりました。ところが「ハンドメイド作家は誰にでもなれて簡単に儲かる」という世間の風潮に踊らされて、にわかハンドメイド作家が急増したため、インターネット・著作権・販売のトラブルに巻き込まれたり、頑張りすぎて体調を崩す人が後を絶たず、せっかく才能がある人たちがどんどん潰れていくのを間近で見ることになりました。

だから、「そんな状況からハンドメイド作家さんを守りたい」「もっとハンドメイドの仕事のことや働き方、販売・税金・著作権・インターネットの知識を身に付けてもらって、本当に活躍できるようになってもらいたい」と思って講座を始め、2冊のハンドメイド作家の仕事の仕方の本を出版した訳です。

そして、自分が男女共同参画センター(地方公共団体)で起業について学んだご縁で、今年からハンドメイド作家育成の立場で商工会議所などの公益経済団体での起業支援へシフトしてきました。ですから、起業支援と言っても上記のようなキラキラ起業女子ではありませんのでご安心ください。

創業塾ではハンドメイドの仕事の仕方(販売、講師、デザイナー、開業、著作権、写真、ブログ、情報発信など)だけでなく、ベテランの中小企業診断士(国家資格)が利益を確保するための具体的な方法やビジネスプランの立て方もお伝えしています。また起業するかどうかについては、ご自分のやりたいことや所得によって決めていただけます。創業塾に参加した方で事業を始めたい方は、登録免許税の軽減措置、信用保証枠の拡大等の支援策もありますので、必要な方はご利用になられるといいと思います。

では、ただいま開催中の「さいたま女性創業塾」に参加されている栗原美也子さんが講座の感想を書いて下さったのでご紹介します。(ご本人の了承済みです)

アロマ・ハーブスクール Le CHATON(ルシャトン)
オーナー 栗原美也子さん

昨日は先週から始まった、
さいたま女性創業塾へ

参加することにすごく迷ったけど、
今年のテーマが「ハンドメイド」
だったから、受講することにしました
あ、あと、めちゃお得なのー

さいたまは女性創業に力を入れてるそうです。
資料もたくさん。

きっと、ステキな作家さんが集まってるのだわ
ワクワクするに違いないっっ

こっちの下心の方が大きいかも…

と、自分のことは省みずに参加したので、
若干焦っておりますが…

塾生の作品を毎回見られるのは、
ホント幸せです
みんな、すごいんだよ〜〜

私は、一応、事業主であるにも関わらず、
今まで、な〜〜んとなくドンブリ勘定でやってきました。

そして、目的があるようなフリして、
ただのノリでやってきてたっぽい

お話を聞いていると、
それじゃうまくいくはずはないよなーと反省。

いやいや、考えようによっては、
よくやってこれたよ

振り返ってみると、 周りの人に、
ものすごく助けてもらえてた事を、
どこかで当たり前のように受け取ってたんだなーと思う。

そして、たくさんの人の助言に
耳をかしてこなかったことも…

終わった後は、先生と時間のあるメンバーで、お茶

あと4回、35名の仲間としっかりお勉強します。

そして、みなさんにステキなサービスを
お届けできるように、がんばります

受講生の35名の皆さんは、毎回とても真剣に学んでいます。
私もご期待に添えるように頑張りますので、これからもよろしくお願い致します。

さいたま商工会議所のホームページです。

Follow me!