成功よりも失敗から学ぶことの方がずっと多い「第14期さいたま女性創業塾」レポート③


7月15日(土)9:40~16:30 さいたま商工会議所主催の「第14期さいたま女性創業塾」で第3回めの講義「ハンドメイド講師とデザイナーの仕事」を行いました。

ハンドメイドの講師とデザイナーの仕事の仕方について詳しく説明した後、これからどんなことをやったらもっと活躍できるのか、今のハンドメイドの仕事の実情をお話したら、少し考え込んでしまった人もいたようです。

私は高校・短大と5年間看護を勉強し、3つの病院で6年間看護師として働きました。(病棟3年、外来3年で、ほぼ全科を回りました。)その時に、みっちり看護計画の立て方とマニュアル(手順などを体系的にまとめたもの)作りを学びました。

看護計画、いわゆるPDCAとは、患者さんの症状や問題点を把握し

P(計画)=これからすることを考える
D(実行)=計画したことを実行する
C(評価)=結果が良かったか悪かったか判断する
A(改善)=見直しをかけて、次の計画に進む

のことですが、これを看護チームみんなで共有し、その日の担当が実行するわけです。病気や手術後などマニュアルがすでにある場合もありますが、特に問題がおきた患者さんには個別に計画を立てて1~2週間ごとに評価・改善を行い症状の軽減に努めます。

短大では、看護研究の第一人者宮崎和子先生の元で学び、現場(臨床)では県下でも看護研究に特に力を入れている専門病院で、厳しい先輩方にみっちりご指導いただきました。それが、今のハンドメイド作家育成の仕事に生かされているのではないかと思います。

だから、私は現実的で人より少し厳しい考え方を持っているのかもしれません。ハンドメイドを趣味から仕事にしたいと思う女性の中には社会経験の少ない方も多いので、そういう方には難しいと感じてしまった方もいるようです。

逆に長年、ハンドメイドやファッション業界で活動し自分だけの力ではどうしても前へ進むことが出来なかった方には、今まで自分に足りなかったことが具体的にわかり、希望の光が見えたのでとてもやる気が出たそうです。

ハンドメイドを仕事にしたいのなら、自分が何のために仕事にしたいのかという目的(目標)をよく考えないと難しいです。趣味を楽しみながら少しお金が稼ぎたい人はそれでもいいし、仕事にしてガッツリ稼ぎたい人は今まで自分に足りなかったものを補いながら工夫していけばいいし、お金よりも自己実現したい人は自分のオリジナル作品作りをとことん追求してもいいのです。目的は人それぞれ、その目的がハッキリしていないと道に迷うし、途中で苦しくなったり続かなくなったりします。

そして、目的を達成するにはそれなりの時間がかかるということも忘れない下さい。その間に、出来ている人と比べて落ち込むのは時間の無駄ですから、比べるのは昨日までの自分にしましょう。

ハンドメイドでどんなに失敗しても、死ぬことはありません。だから、やりたいことがあるならとりあえず一回やってみてください。初めは失敗するかもしれませんが、実は成功したことよりも失敗したことから学ぶことの方が多いのです。私の失敗談も全て糧にして、皆さんにはもっと自分のやりたいことを実現してもらいたいと思っています。

次回は楽しい写真講座とブログ初級講座です。皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

終了後の懇親会の様子です。今までのことやこれからやりたいことを色々お話して下さる皆さんの目が、キラキラ輝いていました♡

Follow me!