自分は何を好きなのか?自分はどうしたいのか?という自分軸がないと上手くいかない


8月4日放送のフジテレビ系「池上彰緊急スペシャル」での出来事。「自衛隊と憲法9条」について取り上げたコーナーで、「池上さんはどう考えているんですか」と池上氏の意見を求めた陣内。
「池上さんが一番正しいとぼくは思ってるんです」と言った陣内に、池上氏が「それが一番危険なんですよ」と一蹴。「自分で考えないで『池上がなんて言うんだろう』『それに従おう』っていうのが、民主主義では一番いけないこと」ダメ出しをした。
mnsニュースより引用

これを読んで、最近は先生や有識者の言うことを鵜呑みにしてしまう人や、マニュアルがないと出来ない人が多すぎるなというのを感じています。もちろん、知識のある人に教わるのはいいことだし、マニュアルがあれば早く簡単に出来るかもしれません。でも、自分の頭で考えることをやめてはダメです。

結局、自分が何を好きなのか、どうしたいのかという自分の軸がなければ、何をやっても上手くいきません。そういう人は失敗を必ず他人のせいにします。あの人がこう言ったからやったのに上手くいかなかった。あの人のせいで私の時間やお金は無駄になった。

本当にそうでしょうか?

それをやることを選んだのは誰ですか?
やっても成果が出なかったら他の方法を試したんですか?
そもそも、その人は本当にその方法がいいと言ってたんですか?

好きなことを仕事にする のは 好きなことだけやっていく ということではないんです。どんなに素晴らしい才能や実績があっても、黙っていたら絶対に仕事はやって来ません。好きなことだけしかやっていないように見える人でも、実は一生懸命、営業したり、宣伝したり、集客したり、事務手続きしたり、経理をしたりしているんです。

そういう努力をあなたはしていますか?

仕事をしていく上では、知られていないのならこの世に存在していないのと同じです。

厳しいようですが、これは事実。

そして、どんな小さな仕事でも一回一回がその時限りの本番だし、次に繋げていくのは自分自身の力です。

そういう覚悟がないのなら、好きなことを仕事にすることは難しいでしょう。

小さなクロスステッチ(オリジナルデザイン)

Follow me!