人生が上手くいかないなと思った時は、内に向かえ


今日は久しぶりにスッキリ晴れて気持ちのいいお天気になりそうですね。
こんな日は、気分も明るくちょっと頑張って、たまったお洗濯やお片付けをしたくなります。

先日、NHK『あさイチ』プレミアムトークにゲストとして出演した美輪明宏さん。『あさイチ』にて視聴者から寄せられた相談「『人生うまくいかないな』と思った時、どう切り換えればよいですか?」に対する回答が素晴らしいと反響を呼んでいるそうです。

「人間にはバイオリズムがある」

「この世の中は2つのモノで構成されているんですね。宇宙の法則、正と負、プラスとマイナス、陰と陽、光と闇、吉と凶、まったく違うモノ」

「それなのに、みんな片方だけを望んでしまうんですよ。幸せだとか、明るいとか、光だけとか。もし、昼間だけだったらどうします? この世の中」

「闇がなかったら、明かりも光も出てこない。陰がないんですよ。だから人間はものすごい調子の良い時があるけれど、最高潮に良いモノを手に入れない方がいいんです」

「功績があり、最高に素晴しい賞をもらう。例えば、ハリウッドスターならアカデミー賞とか、アカデミー賞をいくつも貰うと、ろくな死に方をしないと向こうでは言われている。そういうこと」

「日本でも凄いモノを貰うと、だいたい病気になるか怪我なさるか、亡くなったりする。身分不相応な大邸宅を建てた人には、同じことが起こる」

「だから、昔の人は『負の先払い』といって、棟上げ式(むねあげしき:新築の際に喜び、感謝するお儀式)の時に、紅白のお餅を撒いたり、近所の人を呼んでお酒を振る舞ったり、五十銭玉、五円玉を撒いたり…負の先払いをしていた。だからバランスなんです」

「悪い時期っていうのは、どこの扉を叩いても開かない。外へ向かおうとしてもドアが開かないから、じゃあどうすればいいのか? 内に向かえっていう指令なんです」

「内に向かうっていうのは『棚卸し(たなおろし)の時期』。バーゲンセールの時期じゃない」

「だから品物を揃えなさい。美・知識・教養・技術、そういう自分の財産を増やしておきなさい。そういう時期だよ」

「それで、セールの時期がくると、アレ? って思うくらいに色んなところに突破口が開けていくんです。そういう時に貯めてたものをバーっと出すと、人生がうまく回り出す。回り出したら最高までいかないうちに、人生は2番3番手で引いておいたほうが無事でいられる」

「あっちがダメならこっちがあるさ。こっちがダメならそっちがあるさ。なにか突破口があるんですよ」

♥FEELYより引用 https://feely.jp/20947/

美輪さんの人生観はいつも深くて考えさせられますね。毎月、近くの信用金庫に置いてある「家の光」という雑誌のコラムも楽しみにしています。

私もずいぶん長い間、思い通りに進めない時期がありました。だいたい20年位。20年って振り返るとあっという間なんですが、その時は本当に長~い長~い時間なんですよ。

でも、私も美輪さんと同じ考え方だったので、自分の知識や経験を増やす時間にあてていました。学びたいことと違うことを学んでいても、子育てをしていても、海外にいても、介護をしていても、自分の体調が悪くても、いつも目の前にあることをどうしたらもっと楽しくできるか、将来ハンドメイドに繋げられるかと考えていました。

そうすると、不思議なことに上手くいくタイミングになると、次々と扉が開いて物事が進みだすんですよね。もちろん、思い通りにならないこともいっぱいありますが、そういう時も他の道を探すと、なぜか解決策や、もっといい方法が見つかるのです。

だから、今は上手くいかないなと思った時は美輪さんの言葉を思い出してみてくださいね。
セミナーのお知らせ

《ママのための起業準備講座》(オンライン・ママ大学)

日時:2017年10月14日(土)、10月21日(土) 21:00~22:00
料金:オープン記念価格 1回 3,000円(税込)
2回 6,000円(税込) 事前振り込み
講師:沼里良枝(ハンドメイド起業アドバイザー)
定員:8名
講習方法:zoomというオンラインツール

詳しい情報はこちらをクリック 

Follow me!