ハンドメイド作家さん全員に起業をすすめている訳ではない


私は、ハンドメイドの仕事の仕方や起業準備についてお話していますが、必ずしも全員に起業して欲しいと思っている訳ではありません。

たぶん、ハンドメイドでお金を稼ぎたい人の中には「旦那さんの扶養の範囲内で稼げればいいなぁ」とか、副業として「少し自由になるお金が増えればいいなぁ」と思っている人も多いでしょう。私も最初はそうだったし、実際にそういうハンドメイド作家さんもたくさんいるので、それは全く構わないと思います。

ただ、それには自分の税金の扶養控除額を知ることが必要だし、1年間の収入と支出を計算することも必要です。そういうことを知っていてやるのと、知らないでやるのとでは、これからの活動が大きく違ってきます。国もマイナンバー制度を導入したので、知らないで後から税金を請求されたとなると嫌ですよね。正しい知識を得ることは自分の身を守ることに繋がります。

私の知り合いのハンドメイド作家さんの中にも、才能があるのにネットや著作権や税金や販売のトラブルに巻き込まれて辞めてしまった人がたくさんいます。無理をして体調を崩して消え去ってしまった人もたくさんいます。

だから、やる気と才能がある人には正しい知識を身につけて、トラブルなく楽しくハンドメイド活動を続けて欲しい、そう思って2冊の本を出版して、定期的に講座やセミナーを行っています。

・知るということは、将来の可能性が増えること。
・早く目的地に着ける可能性が高まることです。

たぶん「そんな面倒くさいことは、しなくてもいいよ」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

私だってこんな面倒くさいことを、何度もしつこく言うのは本当は嫌なのです。でも、自分が知らずに何度も失敗をして、その度に後退して悔しい思いをしてきたからこそ言うのです。

ハンドメイド作家の皆さんは、ハンドメイドの知識や技術を高める努力は素晴らしい人が多いです。でも、仕事にするための営業や経営や情報発信に対する知識が乏しく、そこで損をしている人が多いのです。これから活躍するためには、むしろそちらの強化が必要です。

”しなくていい失敗をなるべく避けて、早く自分のやりたい夢を叶えて欲しい” いつも、そういう思いでこの活動をしています。

先日、第14期さいたま女性創業塾に参加して下さった方の感想をご紹介します。

千葉諭美さん(剪紙作家・喜喜 ダブルハッピネス)
ビジネスとして回していくとなれば、苦手としている数字や営業こそ重要だと思いました。つまり問われるのは「覚悟」そして「行動力」。「思いをカタチにすること」=「動くこと」と気持ちを新たにしました。初回の時より、皆さんの表情が明るくなっていったのが印象的でした。ヒトリヒトリが輝く原石なのだと思います。そして何より大切なのは「ハート(愛)」だと思いました。

こちらの2冊の本でも詳しく説明していますので、もしよかったらご覧くださいね。

*税金や開業届について話すのは一般的な話や解釈等です。
*もっと詳しく知りたい方は、個別に税務署や商工会議所などにお問い合わせください。

 

セミナーのお知らせ

《ママのための起業準備講座》(オンライン・ママ大学)

日時:2017年10月14日(土)、10月21日(土) 21:00~22:00
料金:オープン記念価格 1回 3,000円(税込)
2回 6,000円(税込) 事前振り込み
講師:沼里良枝(ハンドメイド起業アドバイザー)
定員:8名
講習方法:zoomというオンラインツール

詳しい情報はこちらをクリック 

Follow me!