山梨県勝沼葡萄狩り&北口本宮富士浅間神社参り


昨日は、毎年恒例の山梨県甲州市勝沼へ葡萄狩りに行ってきました。
今年は次女と夫と私の3人です。

勝沼の葡萄は、8月下旬から9月上旬が一番おいしい時期なので、たくさんの観光客が訪れています。毎年訪れる大雅園では、ピオーネ、紅伊豆、藤稔、瀬戸ジャイアンツ、シャインマスカット、ピッテロビアンコなどがちょうど食べごろです。今年は空梅雨のあと夕立ちが多い日が続いたので、少し小粒のものもあるようですがどれも美味しく実っています。

ガイドさんに案内してもらって味見をしながら、自分の好きな葡萄を取ることができます。葡萄の棚はもぎやすいように低めに作られているので、ガイドを一日していると腰が痛くなってしまうそうです。大変ですね。ご苦労様です。

自分で葡萄狩りをしなくても、店頭には取れたての葡萄がたくさん並んでいるので買ったり送ったりすることが出来ます。我が家は自分でとった葡萄を、親戚の分を宅配便手配してもらい、自宅の分を箱に入れてもらって大雅園を後にしました。

お昼は、これまた恒例の ほうとう不動(河口湖北店)でほうとうを食べました。ここは古い武田の武将の絵がたくさん飾ってあって、なかなか趣のある建物です。働いている人もきびきびとしていて気持ちのいいお店です。ここでバイトをすれば間違いなく痩せそうですが、たぶん私は3日も持たないので止めておきます。あ、遠すぎて無理か・・・。(^^;)

メニューはこれと飲み物しかありませんが9割以上の方がほうとう(1,080円)を注文します。馬刺しやいなり寿司も美味しいです。

アツアツのほうとうが運ばれてきました。もちもちとした麺とよく煮込んだ野菜が美味し~い!
今回は、朝ご飯をたくさん食べてしまったので3人で2つ注文しましたが、2つでもお腹いっぱいになりました。

残念ながら、卒論〆切で来れなかった長女と、外出中の長男のためにほうとうの麺を買いました。今度家で作ってあげるからね~。

そういえば、友人が信玄ソフトクリームが美味しいと言っていたのを思い出し、桔梗屋(富士吉田店)によって信玄ソフトクリーム(390円)を食べました。クリームがねっとりして黒蜜と信玄餅ともよく合って美味し~い♡ お土産に信玄餅も買いました。

帰りに北口本宮富士浅間神社に寄ってみました。古くから歴史のある神社です。
参道は立派な杉並木と苔むした石灯籠が趣があります。

景行天皇40年(西暦110年)、日本武尊ご東征の折、足柄の坂本(相模国)より酒折宮(甲斐国)へ向かう途中で当地「大塚丘」にお立ち寄りになられ、そこから富士の神霊を親しく仰ぎ拝され「北方に美しく広がる裾野をもつ富士は、この地より拝すべし」と仰せになりました。そのお言葉に従い大塚丘に浅間大神と日本武尊をお祀りし、当社の創建となりました。

天応元年(781)、富士山の噴火があり、甲斐国主の紀豊庭朝臣が卜占し、延暦7年(788)、大塚丘の北方に社殿を建立しました。これが現在社殿のある地で、ここに浅間大神をおうつしし、大塚丘には日本武尊をお祀りしました。

北口本宮富士浅間神社「由緒」より引用

立派な狛犬の石像が入口に立っています。

大鳥居

随神門

神楽殿

手水舎手水舎の竜の口から流れる水は富士山の雪解け水だそうです。

拝殿(左側:太郎杉)

 

太郎杉

拝殿 (右側:夫婦檜)

諏訪拝殿

最近は神社やお寺を参拝すると落ち着きます。パワーをいただいて帰ってきました。

 

Follow me!