失敗しても、回り道をしても経歴はその人を物語る大事なもの


私は小学校の5・6年のころから、将来手芸作家になって手芸の本で作品を発表するのが夢だったので、いつも好きな本を隅から隅まで熟読していました。

そして、素敵な作品のデザイナーさんがいると必ず経歴を調べました。40年以上前のことなので当時はインターネットなどというものはなく、本に書いてある情報だけが頼りでした。〇〇服飾学校卒業、〇〇デザイン学校卒業、〇〇美術大学卒業、〇〇会社(メーカー・アパレル)勤務後独立、〇〇資格取得後〇〇先生に師事・独立、海外の〇〇学校へ留学・・・などの経歴の人が多かったような気がします。子供ながらに、そうかそういう勉強や仕事をしなくちゃいけないんだなと思ったものです。

もちろん、今は色々な経歴の人も増えているので、専門的に学んでいなくても才能がずば抜けていたり、地道な活動や人脈からご活躍されている方もいらっしゃいますので一概には言えませんが、王道はやはり今もあまり変わらないのかなという気がします。

ただ、その経歴がないと絶対できないのかと言えばそうではありません。今はむしろ作品の素晴らしさやセンスだけじゃなくバランスが大事なんじゃないかと思います。

①センス(作品・ビジネス)
②人気度(情報発信力・フォロワー数)
③実績(経歴・知識・技術)
④本人の魅力(容姿・キャラクター性)
⑤人脈
⑥人柄・行動力

今の時代に活躍するには、この6つの要素のバランスが大事です。

6年前まで私は体調も悪く、強い薬の副作用で15kgも太ってしまったことが嫌で嫌で仕方がなく、なるべく目立たずに地味に活動していこうと思っていました。自分の経歴も、なかなかまっすぐに進めずに、回り道ばかりでダメだと思っていたので公開もしていませんでした。

だから、ニットデザイナーとして書籍でお仕事をさせていただいたり、自宅で手芸教室をやって生徒も毎月20~30人いましたが、思ったように仕事が広がっていかないと感じていました。

その後、ブログを始めたり、ネットショップ開設、イベント出展、PTA講習会、展示会参加などをして外へ出て人と関わったり、情報発信をすることでだんだんと仕事が広がっていきました。

当時は仕事相手や知り合いの名刺が100枚もありませんでしたが、今は1,000枚近くになりました。そして、その当時はお会いできるなんて思ってもいなかった素晴らしいプロフェッショナルな方々と交流したり、一緒にお仕事をさせていただけるようになりました。

この6年間で、私が一番変わったのは意識です。

仕事相手から「プロなんだから、もっとプロらしいことをしなさいよ」と言われた時、最初は「え~、だって、プロって言ったって、大したことしてないしなぁ」と思ったのですが、それからプロの人たちがどうやって活動しているのかよく観察しました。

まずは、謙遜しすぎるのをやめました。褒められたら全て「ありがとうございます」と受け取ることにしました。そうしたら、少しずつ自信が持てるようになってきました。

名刺の肩書にも「ニットデザイナー・刺繍作家」と書いて、自分はニットデザイナー・刺繍作家なんだと思いこむようにしました。やっぱり、最初は恥ずかしくて顔から火が出そうでしたが、そのうちだんだん慣れていきました。

次に、有名になるのを恐れるのをやめました。自分からやりたいと思ったことはどんどんやるようにしましたし、会いたい人がいれば会いに行き、学びたいことは次々と学びました。そうしたら、やりたい仕事が少しづつ出来るようになっていったのです。

だから、今は紆余曲折があった自分の経歴も好きになりました。長い年月を経て、やっと、私はいつもその時できることに全力投球だったし、頑張ってきたよねと思えるようになりました。

最初から自信満々な人なんていないし、みんな悩みながら進んでいます。それでも、プロになりたいなら、やっぱりそれをあまり出し過ぎずに、作品や活動を通してお客様に夢を見させるのが仕事じゃないかなと私は思っています。

自分のやってきたことは決して無駄ではないのです。失敗したり、回り道したとしても、それはこのためだったんだなと思える時がきっと来ます。だからその時まで夢を諦めないでくださいね。

 

セミナーのお知らせ

《ママのための起業準備講座》(オンライン・ママ大学)

日時:2017年10月14日(土)、10月21日(土) 21:00~22:00
料金:1回 3,000円、2回 6,000円(税込) 事前振り込み
講習方法:zoomというオンラインツール

詳しい情報はこちらをクリック 

《WordPressでホームページを作る講座》

日時:2017年10月7日(土)13:15~16:00
場所:サウスフラットシェア JR渋谷駅から徒歩8分の会議室
講師:井手 仁(いで じん)

詳しい情報はこちらをクリック

Follow me!