自分の弱点を知り対策を立てることで、やりたいハンドメイドの仕事に繋げていこう


この3~4日ほど膝が腫れてしまい、もともと予定していた仕事以外に池袋のハンドメイドイベントに行きたかったのですが行けませんでした。残念!でも、湿布や痛み止めでだいぶ治ってきたので、今日の外出は大丈夫そうです。

私はもともと人に弱みを見せるのが苦手な性格ですが、15年ほど前にアメリカで体調を崩して以来どうしても出来ないことが増えました。考えることでも以前なら隙間の時間にパパッと考えられたことが、今はじっくり考えないと抜けてしまっていたり、体調面でも何日も続けての外出は無理だったり・・・。

でも、それを「できない」と言ってしまっては仕事になりません。ですから、10年位は体調が悪いということは仕事相手(企業や出版社やデザイナー)に伝えていませんでした。だから、チャンスを逃してしまったこともたくさんあります。やはり打ち合わせに行けないというのは致命的だったのです。今ならインターネットも十分に発達しているので、連絡もメールや電話で出来ますけどね。それでも、最初の顔合わせや打ち合わせは直接会ってということが多いものです。

逆の立場になってみればわかりますが、仕事相手からすればどんな人かわからない人と仕事をするというのは不安なものですよね。いくら作品や経歴や実績が素晴らしくても、誰かの紹介だとしてもそれは同じです。だから、体調が回復した今はなるべく直接人に会う機会を増やしています。(お陰で急激に素晴らしいご縁が増えました。)

また、予定はなるべく余裕を持って組み、一度考えたことをもう一度見直す時間を予め組み込んで〆切を伝えたり、何日も連続して仕事を入れないように気を付けています。

人に頼ること、出来ないことを断ることもできるようになりました。若い頃は、どんどん仕事を頼まれても断ることができないし、人に頼ることもできなかったのです。まぁ、そんな性格だったので病気になってしまったのでしょうが、オーバーワークはダメですね。特に、ハンドメイド作家・講師・デザイナー・クリエイターは自分の体が資本ですから、自分の仕事のできる範囲をよく見極めて予定を立てていくことが大切だと思います。

本当はリーダーとして仕事をしていく上では、こんな風に人に弱みを見せない方がいいのかもしれません。でも、ハンドメイド作家・講師の方には、やはり私と同じように体を壊したり、育児・介護・他の仕事とのWワークで取り組んでいらっしゃる方も多いので、最近はあえて時々出すようにしています。そして、受講生の方にはなるべく無理の無い計画を立てるようにお勧めしています。

どんな仕事でも同じですが、やはり仕事をしていく上では責任と覚悟が必要です。ハンドメイドは趣味の要素が強いだけに、どこまでが趣味でどこからが仕事か区別がつきにくいものですが、お金をいただく以上は仕事です。それには責任が伴ってきます。

今は、インターネットで簡単にものが売れるようになりましたが、やはりこれから長く活動したり売れ続けていくためには、ハンドメイド作家としての自覚や覚悟が必要だと思います。そんな人たちを増やして、もっとハンドメイドやホビー業界が盛り上がればいいなぁ♡

さて、気が付けばもう10月!

11月10日(金)~12日(日) パシフィコ横浜で開催の、Handmade MAKERS’の出展証や入場券が送られてきました。今回も「ぬまさとよしえのハンドメイド作家スクール」として受講生の皆さんとグループで出展します。

これから少しずつ紹介していきますので、ぜひ遊びに来てくださいね~♪

Handmade MAKERS’ 2017年11月10日(金)~12日(日)パシフィコ横浜A・Bホール

Follow me!