子供が3人いると社会が成り立つ


よく、子供が3人いると社会が成り立つと言われるようですが、自分の3人の子供たちを見ていて確かにそうだな~と思います。

我が家は女(23歳)、男(19歳)、女(15歳)の3人兄弟です。年は3学年と4学年離れています。

1番上の長女はとても真面目で面倒見がよくおとなしい性格です。でも、本番に弱く今はちょっと損することが多いように感じているようです。母としては3人の中で一番頼りになるし、来年から社会に出ればその誠実な性格の良さを生かしていい方向へ行けるのではないかと思っています。

2番目の長男は家では頭のねじが3本くらい外れているんじゃないかと思うくらいダラしがないのですが、外ではバスケ部長や運動部部長をやったりして頼りにされているようです。母から見ると男の子特有のちょっとずる賢い面があるなと思うことがありますが、交渉能力に優れていたり、相手の性格や反応を見て対応を変えたりできるところは、私にはない能力なので見習いたいと思います。

3番目の次女は末っ子特有の甘えん坊で、自分でやりたくないところはうま~く人にやってもらう能力を持っています。それでいて負けん気は強く、成績だけ見れば絶対に入れないだろうと思っていた上の子たちと同じ高校に入ることができたので意思は強いようです。今は少し反抗期で生意気な態度をとりますが、見た目がおっとりしていて憎めない性格なのですごく得をしているなと思います。この、うまく人に甘える能力も私が見習いたいところです。

長男が小さい頃や思春期の頃は、妹の次女に結構きつく当たったりしていましたが、今では3人すごく仲良しでいい関係を築いています。長男は、上(父母や姉)から言われたことは下(妹)に流し、下から言われたことは上に流すという素晴らしい術を使い、どうやって自分がやらなくていいかをいつも考えているようです。男の子って面白いですね。

思春期も3人ともそんなに荒れることもなく、穏やかに過ぎていったような気がします。それは3人が小さい頃に、アグネスチャンがテレビで言っていた言葉のお陰です。「思春期に反抗的になるのは、お母さんのせいでも、お姉ちゃんのせいでもない。ホルモンのせいだ~!」ってね。その言葉のお陰で、子供たちが反抗的な態度をとるたびに「あ~、ホルモンが出てるんだね~。すごいね~!成長してるね~。」と言うと、本人も私も可笑しくなって反抗的な態度をとるのが馬鹿らしくなってしまったようです。

私は自分が、女・男・女の3人兄弟でしたが、弟が小さい頃に交通事故で亡くなり、家族からはいつも「お前が男だったらよかったのに・・・。お前が婿を取ってこの家を継げ。」と言われて育ちました。ところが、中学生の時に家庭が崩壊してしまったので、思春期は自分の女性性を受け入れられなくてとても悩みました。生理は何年も止まってしまったし、身長や歯の成長も止まってしまいました。その後、結婚して生理も来るようになったし、背も3㎝伸びて、永久歯も生えてきました。

そして、自分の一番行きたかった服飾関係の学校へは家族からも親戚からも反対されて行かせてもらえませんでした。もしかしたら、もっと駄々をこねれば行かせてもらえたのかもしれませんが、あまりに家庭内が修羅場と化していたので「ここで私が我儘を言って何かあったら絶対悪いニュースになる」と思って、怖すぎて言えなかったのです。それに、我が家にそんな経済力がないのもわかっていましたしね。だから、中学生の時に一刻も早く自立してこの家を出ようと心に決めました。

そんな訳で、自分の子供たちは、年齢・性別の区別をせず、将来自分の好きなことをやって暮らして欲しいと願って育ててきました。世界中のどこで何をしようが自由だし、結婚しようがしまいが、子供を産もうが産むまいが自由でいい。ただ、人様や社会に迷惑をかけずに自立して生きていけるだけの知識と教養は身につけて社会へ出してあげたいし、困ったことがあったらいつでも親や親戚を頼って欲しいと思っています。

そんな訳で、産んで育てるのはすごく大変だったけど、今は夫と3人の子供たちのお陰でとても幸せな毎日を過ごしています。本当にありがたいと思っています。

Follow me!