まずは3年間、一生懸命やってみる


何かを達成したいと思ったら、とりあえず3年間は真面目に取り組んでみるといいと思います。

ちょっと前まで「あっという間に、簡単に、好きなことを仕事にしよう」という風潮がありましたが、やはり土壌を整えなければ、きれいな花は咲きません。

1年めは、まず土壌を整えるために、基礎固めの作品作り(勉強)や人脈作りを。

2年めは、種を蒔き適度な水と肥料を与えるために、どんどん作品を作って展示・販売したり、教える機会を増やしましょう。

3年めは、きれいな花を咲かせるために、どんどん実績を作って信用を増やしていきましょう。

そうすれば、3年後にはだいぶ自分の理想に近づいているでしょう。

私のスクールや起業塾に来る生徒さんは、1番はじめの基礎固めが出来ている方も多いので、そういう方はもっと早く花が咲き始めます。半年〜2年くらいで、メディアに取り上げられたり、企業やメーカーと仕事を始めたり、キット製作をしたり、自分の作品集を商業出版したり、人気店から委託販売してほしいと持ちかけられたり、大手カルチャースクールで講習してほしいと誘われたりと、飛躍的に活躍する方も多いです。

それはなぜかというと、ハンドメイドの仕事のやり方を教えるだけでなく、プロとしての自覚を持てるような指導とサポートをしつつ、社会的にプロのハンドメイド作家と認められるように仕事や情報を整えて発信する方法(ブランディング)を教えているからです。

特に、ハンドメイド・ホビー業界主催の大型イベントは、業界関係者や世間からの注目度や関心も高いのでチャンスが多いです。

ハンドメイド作家さんは「自分はまだそんなステージじゃないわ」という控えめな方も多いですが、百聞は一見にしかず。何事も経験してみなくちゃわかりません。経験豊かな私がきめ細かくサポートしますので、安心してやってみてくださいね。きっと、半年後には見える世界が違って来るでしょう。

(来春の大型イベント出展はスクール生と創業塾生のみ、限定で募集しています。)

Follow me!