最大のピンチこそが最高のチャンスをもたらす


 参考文献:Galons,broderies & fantaisie  Monique Lyonnet

人は、意心地のいい環境にいるとなかなか現状を変えられないものですよね。

私は、ニットデザイナーになって書籍の仕事をしたいと、ずっと小さい頃から思い続けていました。でも、そこそこ書籍のデザインの仕事ももらえているし、手芸教室にも毎月生徒さんが定期的に来てくれているし・・・という状況だったので、そんなに大きな変化を起こそうとは思っていませんでした。3人の子供たちにもまだ手がかかっていましたし、毎年なにかしら学校の役員が回って来て忙しい時期でしたしね。

ところが6年くらい前、あることで失敗してから状況は変わりました。一念発起して、今まで「やるといいよ」と言われていたことを一つずつ順番にやることにしました。その時はまだ体調も悪くて、無理をするとすぐに熱を出して寝込んでしまっていたし、実家の父も病気になって入退院を繰り返していたので、なかなか思い通りには進みませんでした。(仕事相手には体調が悪いことや父のことは一切伝えていませんでした。)

だから、結構苦しい時期が続きましたが、応援してくれる友達や、パソコンや写真を教えてくれた友達、一緒にイベントに出てくれるハンドメイド作家仲間のお陰で少しずつ前進していきました。本当にありがたかったです。

そして、チャンスが重なる時は重なるもので、ちょうど編物のデザインの仕事をしているときに、刺繍の製作の仕事を2つの会社からいただいたりして・・・。編物の資格認定講座にも通っていたので課題をこなすのが本当に大変でしたが、あの時期を乗り越えたから今があるのかなと思うと、頑張った自分を褒めてあげたいです。

私には元々、有名になりたいとか、お金をいっぱい儲けたいとか、そういう欲があんまりなかったのです。むしろ地味で目立たずひっそりとハンドメイドの仕事をしていきたいと思っていました。今なら「それだけじゃあ、無理だよ」とわかるのですが、当時の私は本気で作品さえ素晴らしければ仕事になると思っていたのです。時代の変化に気付いていなかったんですね。だから、神様は私の願いを叶えるために【失敗】というチャンスを与えて下さったのかもしれません。

そんな風に一度でもピンチがチャンスに繋がる経験をすると、次にピンチになった時もまたチャンスに繋がるんじゃないかと思えてきます。だから、今は苦しい方はぜひ今までにやったことがない事をやってみてくださいね。きっとそれがチャンスに繋がっていくと思いますよ。

*今は体調も回復して元気に過ごしています。

 

12月27日(水) WordPressでホームページを作る講座  東京渋谷

 

 

Follow me!