「今年は思う通りに進めなかった」とガッカリしている方へ


参考文献:ALPHABETS ANCIENS

今日で2017年も終わりですね。「今年は思う通りに進めなかった」と思う方もいらっしゃるでしょう。

人の成功に嫉妬したり、自分の置かれている環境にガッカリしたり、自分だけ取り残されているような感じがしたり・・・。私もそんな風に思う時期が長くありました。

そんな時は「自分には価値がないのかな?」「 やっても無駄なんじゃないかな?」「 もう諦めた方がいいのかな? 」なんて、色々悪いことばかり考えてしまいますよね。

でも、実は「あの人ばっかりズルい!」「あの人に負けるなんて悔しい!」「どうして私ばっかりこんな目に会うの?悲しい!」という、マイナスの感情にはすごく強いエネルギーがあって、それをプラスの力に変えることができれば、大きく飛躍することも可能なんです。

それには、そのマイナスの感情を相手に向けるのではなく、自分に向けることです。「今、目の前にある自分がやるべきことを一生懸命やる」「自分がまだできていないことを、できるようになる方法を探してやる」そんなことに力を注いでいくと、だんだん道が開けていきます。また、できないことは無理にやろうとしないで手放したり、別の方法を探ったり、人の力を借りるのも有効です。

ある友人がこんなことを言っていました。「人のブログやSNSを見て嫉妬したり、悪口を書くなんて暇なのね。私なんて、毎日Facebookを開く暇もないわ。」と。確かに、毎日の仕事や生活で忙しい人にはブログやSNSでの他人の動向なんてどうでもいいことですよね。人の活躍より、自分の仕事や生活の方がよっぽど大切です。比べるとしたら、他人ではなく過去の自分と比べた方がずっといいです。

だから、今年の悔しい、悲しい、惨めな気持ちをバネにして、2018年はもっとやりたいことをやりましょう。

周りの人は意外と色々見ているものです。頑張っている人には応援してくれる人が必ず現れます。私も、ブログやSNSを通してたくさんの人と知り合い、思いがけず応援していただいたり、夢を叶えていただいたことがたくさんあります。だから、今はブログやSNSをはじめてよかったと思っています。勧めてくれた方や、交流して下さっている皆様には本当に感謝しています。

今年も1年、このブログにご訪問くださりありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。
皆様、よいお年をお迎えくださいね。

ぬまさとよしえのハンドメイド作家スクール
代表 沼里 良枝

 

以前、友人に頼まれて作ったA4サイズの封筒ケースです。
薄くて軽くて開け閉めしやすいもの、ということで工夫しました。素材はナイロン。開閉はマジックテープになっています。お堅い仕事なので目立ちすぎず、さりげなく可愛いデザインにしました。

Follow me!