売れているショップには商売のヒントがいっぱい


1月4日は、夫と長女とららぽーとへお買い物に行ってきました。3日までは駐車場に入るのも一苦労だったようですが、昨日は割合すんなり入れました。

でも、主要商品はなくなりつつあり、息子に頼まれたユニクロの長袖ヒートテック(黒・Mサイズ)は丸首、Vネック共に売り切れで、仕方なく白を買ってきました。SとXLは、まだいっぱいありましたけどね。

最近は職業病なのか、こういうところに来るとどうしても商品構成や値段、ディスプレイやPOP、接客などが気になってしまいます。

「あっ、そうか、お正月を過ぎると、もう春物が出始めるのね」とか、「次の流行はこういう色や形なのね」とか、「ディスプレイが素敵だと、ついお店に入ってみたくなるわね」とか、「こういう声かけをすれば、お客様が買いたくなるのね」とか。

実際に売れているショップには商売のヒントがたくさんあります。そういうのを客観的に観察して、自分のブランドに取り入れてみるといいでしょう。(商品やロゴなどをそっくり真似て作って売るのは、著作権侵害にあたりますので注意しましょう)

お客様が買いたくなるもの(+自分らしさ)を、ちょうどいい時期にお届けするには、自分はいつ頃から準備を始めればいいのか? そんなことを考えてみるといいですよ。

そろそろ春物を意識して、流行をリサーチしたりデザインを考えてみるといい時期です。まだ、早いかな?と思う人もいるかもしれませんが、仕事は早め、早めの準備が大切なので、少しずつ準備できるように心がけてみてくださいね。

*アパレルやハンドメイド業界、出版業界などの企業は半年くらい前から動き始めます。

 

Follow me!