すでにご活躍されているハンドメイド作家さんが長く楽しく働く秘訣


今まで、これからハンドメイド作家になりたい方向けに記事を書いてきましたが、今日はすでにご活躍されているハンドメイド作家さんが長く楽しく働く秘訣を書いてみたいと思います。

 

体調管理に気を付けて、無理のないスケジュールを立てる

すでにご活躍されているハンドメイド作家さんは、ご自分の作品を作ったり、生徒さんに教えたり、イベントや展示会に招待されたりと色々とお忙しいことと思います。そうなってくると、一番大切なのは体調管理です。なるべく無理のないスケジュールを組んで、体と心のバランスを取っていきましょう。

とはいえ、仕事の依頼は予測不可能なことも多いもの。急な仕事の依頼などには「〇月〇日頃までは忙しいですが、〇月〇日以降でもよろしければお引き受けできます。」とか「今は忙しいので、もう少し小さめのものならお引き受けできます。」というように、相手と日程や仕事の内容を交渉してみましょう。それでも都合が合わない場合は仕方ありません。そういう場合は「今回は都合が合わなくて残念ですが、ぜひまたお声掛けください。」というようにフォローしておきましょう。

また、ハンドメイドに集中していると、目、手、肩、腰、精神などの病気になりやすいです。あまり根を詰めすぎないように注意しましょう。

作品制作は仕事相手とよく相談して決める

企業やメーカーと仕事をする場合は、作るものや色や材料が指定されている場合があります。その場合は、仕事相手とよく相談してデザインを考えたり制作したりしましょう。求められるものを的確に判断して、柔軟に対応できる応用力が必要です。自分の作りたいものばかりを主張せず、相手の求めるものの中に自分の個性を発揮できるように、日ごろからアイディアの引き出しを増やしておきましょう。

また、仕事相手とはいい人間関係を保つことが大切です。日頃のメールや電話連絡も迅速かつ丁寧を心がけましょう。直接お会いすることがあれば、いつも相手に好印象を与えられるように、笑顔で穏やかに対応しましょう。「この人となら仕事がしやすいな」「この人に任せておけば安心だわ」と思ってもらえれば、どんどん次のチャンスが広がっていくでしょう。

仕事上の守秘義務などがあれば、必ず守るようにしましょう。情報の発表時期なども決まっている場合がありますから、きちんと確認してから情報公開しましょう。

いつも平常心で余裕を持って取り組む

そして、仕事はいつも平常心で取り組みましょう。「期待されているから、もっといいものを作らなければ・・・」と気負うと、なかなかいいアイディアも浮かんできませんし、なぜか失敗したりします。だから、いつも通り、リラックスして作りましょう。もちろん、わくわくしたり楽しんだりしながらできるならその方がいいです。自分が楽しい気持ちになることを見つけて、心地いいペースでやってみましょう。

また、締め切り厳守は大前提ですが、体調不良や不測の事態でどうしても守れない時は、早めに仕事相手に連絡して相談しましょう。多少の変更はできる場合もあります。

講習会やイベントなどの場合は、遅刻しないよう十分に余裕を持って会場へ着くように心がけましょう。もしも、電車の遅延や天候不順で遅れそうなときは必ず早めに連絡しましょう。当日通うのが無理な場合は、宿泊なども検討しましょう。

自分の手には負えないことを手放す

次に大事なのは、自分がやりたいこと、お金を稼ぐのが得意なこと以外をなるべく手放すことです。一人でできることには限界があります。仕事が軌道に乗る前のペースでやっていたら、体に負担がかかって体調を崩したり、これからの仕事を広げていくことが難しくなります。だから、自分の手に負えないことは人に任せたり、辞めたりして手放していきましょう。

例えば、デザインするのが得意なら制作を人に任せる、ブログやホームページの管理を人に頼んだり更新頻度を減らす、イベント出展の販売を人に任せる、税金の管理を税理士さんに頼む、アシスタントを雇う、家事を効率化したり家族に分担してもらう・・・などなど。

その場合は、時間給や成果報酬を予め決めておくと安心です。書類を交わしてお互いの条件をきちんと確認しておきましょう。親しい間柄ほどルーズな約束でトラブルになりやすいので注意が必要です。

新しいアイディアを自分から提案してみる

もしも自分の活動の幅をもっと広げいたい、もっと違うことをしてみたいと思ったら、自分から提案してみましょう。実際の作品や企画書、提案書など目に見えるものがあると実現しやすくなります。ふだんからブログで、やってみたいことを書いたり、実際に仕事相手にお会いした時に「次はこんなことをやってみたい」などと言っておくと、叶う確率は高くなるかもしれません。もちろん、叶わない場合もありますが、その時は気落ちせず、また色々とアイディアを考えてみましょう。

なるべく自分がリラックスできることを見つける

好きなことを仕事にすると、どうしても頑張ってしまいがちですよね。周りの人から喜んでもらえる上に、お金をもらえるのですからついつい無理をしてしまいます。でも、なるべく時々は休日を作ってのんびりしましょう。温泉に行ったり、映画を見たり、自然の中を散歩したり、スポーツをしたり、友達と会うのもいいですね。そういうことが、また新しい創造のエネルギーになります。だから、ハンドメイド以外のことにも目を向けて、人生を楽しんでみてくださいね。

そして、周りの人への感謝の言葉は、思っているだけではなくて直接伝えましょう。誰だって感謝されれば嬉しいものです。ますます、あなたの活動を応援してくれるようになるでしょう。

 

以上、すでにご活躍されているハンドメイド作家さんが、長く楽しく働くための注意点を書いてみました。ご参考になれば幸いです。

Follow me!