「第4期ハンドメイドイベント出展講座」2回めレポート


昨日は「ハンドメイドイベント出展講座」の第2回目の講義を新宿文化センター会議室で行いました。ご参加くださった皆様ありがとうございます。(7名参加。仕事の都合などで4名の方が欠席でした。)

《講座内容》

・第42回2018日本ホビーショー出展に対する注意事項
(ブース・宅配・懇親会・出展証・入場券など)

・ワークショップの内容確認・アドバイス

・当日の担当決め

・ブース内の配置決め

・備品の注文

・これからの情報発信について

・営業や名刺交換の実習

・次回までに準備するもの

などについて説明したり、実習したりしました。

やはり一度勉強したことでも、実際にやってみるということはとても大切ですよね。この「ハンドメイドイベント出展講座」は実習がメインになっています。実際の大型ハンドメイドイベント(第42回2018日本ホビーショー)に参加しながら、自分のショップのコンセプトを考え、商品を作って値段をつけたり、ワークショップの内容を組み立てたり、ブログやSNSを整えて情報発信したり、名刺やDMやチラシを作ったり、実際にお客様と対応したり、仕事をしたい相手に営業したりと、今後プロとして活躍していくために何をしていけばいいのかを体験しながら、自分で考えていく力を養うことを目的としています。

受講生の方は「私は人見知りなんで営業とか苦手なんです。」とか「まだ習い始めたばかりの私なんかの作品を、本当に出してもいいんでしょうか?」と仰いますが、少しずつ実習しながら実際にやってみることで、だんだん自信に繋がっていきますので大丈夫です。そのためのサポートは十分行いますのでご安心ください。

また、一緒に参加しているハンドメイド作家さんからフィードバックをもらえたり、アイディアをもらえるのもこの講座のいいところです。講座が終わるころには皆さんとても仲良くなって、終了後に一緒にコラボしたり、応援し合ったりと楽しく活動されています。日頃、一人で活動されているハンドメイド作家さんも多いので、そういう仲間ができるのはとても心強いのではないでしょか?

私は看護学生として5年間、病棟・外来看護師として6年間、看護の現場に携わってきました。そこで学んだことは、基礎の学習と実習がとても大切だということです。そして、いつも胸に刻んでいるのは、担任の先生の「看護師には、知識技術態度の3つが大切」という言葉です。その精神は全ての職業に通じると思っています。

確かな知識と技術の上に仕事は成り立ちます。そこに、いつもお客様や仕事相手を思いやる気持ちが加われば、プロとして仕事をしていくことができるでしょう。

今後プロとして仕事をしていきたいのなら、プロは何をやっているのか知ることはとても大切ですし、仕事相手からプロとして見られる行動をしていく必要があります。はじめは、ちょっと怖いかもしれませんが、少しずつ一緒に身につけていきましょう。参加者の方はいつでもご相談くださいね。

講座が終わってから、お時間のある方とティータイム。講座では聞けなかったことなども、色々とご質問いただき納得がいったようでした。

日本ホビーショーまであと2ヶ月ちょっと、準備することは色々ありますが、楽しみながらやっていきましょうね。私も皆様のご活躍を応援できるようサポート体制を強化して頑張ります!

第42回 2018 日本ホビーショー

Follow me!