私にとって、作ることは生きること


モチーフ編みのベスト&アラン模様の帽子(オリジナルデザイン)

先日、自分の過去の作品を見ていたら、あまりに可愛くて嬉しくなっちゃいました。

実は私、作品を作っているときは、いつも「私って天才かもしれない!?」と思って作ってるんです。

バカみたい、自惚れてるって思うでしょ?でも、そのくらい自分の作品が好きなんです。

だって、頭の中に浮かんだイメージを、思い通りに表現できた時って、本当に嬉しくて最高に気持ちいいんです。

素材、技法、デザイン、製図、それらをマッチさせてイメージを形にするって、何者にも代えがたい喜びがあるんですよね。

デザイナーやクリエイターの人にはわかってもらえるかなぁ?この感覚。

昔は、完成して2~3日すると、必ずどこかにちょっと違うな・・・というのがあって落ち込んでいたのですが、ここ7~8年はそういうこともなくなって、本当に満足するものができるようになりました。

やっぱり、色々な知識や技術を習得したり、人生経験を重ねて、思慮深く忍耐強くなったのかもしれませんね。

だから、その作品をお客様に気に入ってもらえた時は、ものすご~く嬉しいのです。

「わ~、この作品覚えてる!」

「カワ(・∀・)イイ!!♡ こういうの大好き♡」

なんて言ってもらえたら、もう天にも昇るような心地!

自分の大切な子どもを褒めてもらったようで、自分自身のことを褒められるよりも何倍も何十倍も嬉しいのです。

最近は、作品を作ることはちょっと少なくなってしまったのですが「もう作らないの?」「沼里さんの作品が大好きだったのに」と言われると、また作りたい気持ちがムクムクと!

またいつか、思いっきり大好きなものを作りたいな~♡ だって、私にとって作ることは生きることだから。

ステッチイデーブックカバーコンテスト クロバー賞
参考文献:ABECEDAIRES FANTAISIE

スモッキングのピンクッション(オリジナルデザイン)

壁掛け式編針ケース(参考文献:Galons,broderies & fantaisie)

小さな刺繍(オリジナルデザイン)

ハートのイニシャルBOX(オリジナルデザイン)

NOELのフレーム(参考文献:De fil en aiguille No.58)

母と子のニット Amu掲載(オリジナルデザイン)

Follow me!