ハンドメイド作家は作品だけじゃなく自分自身も前に押し出していくことが大事だよ


この春はピンクメイクが流行っていますね。先日、大好きなシャネルのチークと口紅を買いました。メイク用品を買うとすっごくテンションが上がります!ブランド物にはそんなに興味はありませんが、ここ何年か口紅だけはシャネルと決めています。ルージュ・ココ・シャインは艶があって潤うので大好きです。

ハンドメイド作家さんは真面目で控えめな人が多く「作品だけ目立ってくれれば、自分は目立たなくていい。いや、むしろ目立ちたくない」という人が多いですが、今の時代はそれでは売れていきません。やはり、お客様は素敵な作品を身に着けたあなたを見て「素敵~♡」「私も欲し~い♡」と思うのです。だから、自分の作品をなるべく身につけて出かけましょうと生徒さんにはお伝えしています。

そして、その時に大事なのはトータルコーディネートです。いくら作品が素敵でもコーディネートがイマイチだったら素敵には見えません。本人に似合っていることも大切です。


私はこのセーターを着ていると、よく「素敵ですね」「明るい色合いがお似合いですね」と全然知らない人から声をかけられます。急に言われていつもビックリしてしまいますが、実はちょっと嬉しかったりもします♪

このセーターは自分の体形に合わせて、デザインを考えて製図をしました。アラン模様でもほっそり見えるように模様の配置や着丈のバランスを工夫しています。体の厚みに合わせて前後差をつけているので、着崩れもなくとても着やすいセーターです。

糸:オリムパス シルクビジュー

 

 

 

 

 

 

 

今まで、本のデザインばかりしていて自分のものをあまり作っていませんでしたが、これからはもう少し自分の着たいものを作っていこうかなと思っています。やっぱり「素敵~♡」と言われると嬉しいものですね。こんな感覚はずいぶん長い間忘れていたような気がします。私もやっぱり、作品だけ目立ってくれれば、自分は目立たなくてもいいという性格だったので・・・。

でも、最近よく「メイクが変わった」「体形がすっきりした」と言われます。それは気持ちが変わったからかもしれません。もう少し自分を前へ押し出していかなければいけないと覚悟を決めたから、顔も体形も変わってきたのかもしれません。

この年になって自分自身を前面に押し出していくのは、本当に恥ずかしくて勇気がいることですが、最近ちょっと慣れてきた様な気がします。要は、なんでも慣れってことですかね? 特に講師は、人に憧れられるくらいじゃないとダメだと思うので、服装だけでなく、立ち居振る舞いや、言葉遣いなどにも気をつけています。(時々、敬語がおかしくなってしまうので勉強中です)

いくつになっても、新しいことに挑戦しているのでいつも新人みたいな気分です。時々、周りの人に注意されて凹むこともありますが、ちょっとずつ進歩しているのが嬉しいです♡

4月26日(木)~28日(土)、日本ホビーショーに出展します。ぜひ遊びに来て下さいね。
第42回 2018 日本ホビーショー

Follow me!