視覚・聴覚・第六感からイメージしたものを形にする


私は文章を書くときや、ものを考えるときは無音でないとできません。どうしても気が散ってしまうのです。だから、最近はだいたい無音で過ごしていました。

でも、作品を制作する時は音楽がある方が好きです。たいてい一つの作品が作り終わるまで同じミュージシャンの音楽をエンドレスでかけ続けます。だから、作品を見るとそのアーティストの歌が聞こえてきます。

このサマーセーターは、スピッツを聴きながら作りました。だから、見るとスピッツの音楽が鳴り響きます。今は米津玄師(よねづ けんし)をエンドレス。(*^^)v

私のインスピレーションの源は音楽や目に映るものが多いです。視覚や聴覚から入ってきた情報が映像で見えます。見えちゃうから作らずにはいられなくて、作って作って作り続けて何十年。最近、ようやく見えなくなったけど、またイメージが浮かんできたので少しずつ制作中。(霊感はありません)

これからは、また子どもの頃のように自由にものを作っていきたいなぁ。ついつい完璧を求めて、型にはまってしまったり、自分よりもお客様を優先してしまうから、今年はもっと自分の好きなもの、作りたいものを優先していこうかな?

Follow me!