もう一度、日本のモノづくりの現場を活性化したい


第42回2018日本ホビーショーの様子(2018.4.26~28)

今日は、起業支援の先輩とお会いしてきました。私をこの世界へ導いてくださった素敵な女性です。二人で話していると、いつも漫才みたいになってしまうので周りの人から笑われてしまいます。もちろん、私はボケ担当です。

一昨年まで、自治体や商工会議所の起業支援の現場は知らない世界でした。でも、とても優秀で熱い思いの方が多いので、お仕事をさせていただいていて本当に楽しいです。昨年の担当さんの女性起業家支援への熱い思いを聞いた時は、なんだか嬉しくなってしまって「私も、もっと頑張ろう!」という気持ちになりました。創業塾開催中は、たくさんサポートもしていただき、とても心強かったです。

やっぱり人は、熱い思いのある人に惹かれるのでしょうか?私もハンドメイドのことになるといつも熱いと言われるのですが、溢れるこの思いは自分ではどうしようもないのです。

ある人は ”才能とは持続する情熱” と言っていましたが、普通の人は熱い思いを何十年も変わらずに持ち続けるのは難しいのかもしれませんね。私は幸いにも、小学生の時にそういうものと出会ってしまいました。でも、あともうちょっとで叶うという時に何度も何度も試練が訪れて、また振り出しに戻ることの繰り返し。結構辛かったなぁ。その時は必死だったから、全然気がつかなかったけどね。

お陰で、誰よりもたくさんのハンドメイドの仕事を経験することができました。それが、今のハンドメイド起業アドバイザーとしての仕事に繋がっているのですから、人生何が幸いして自分の使命に巡り合えるのかわかりませんね。やはり自分で経験したことには適わない気がします。

私一個人の力はとても小さいものですが、たくさんの人や企業のお力をお借りしたり、繋いでいったりしたら「もう一度、日本のモノづくりの現場を活性化できるかもしれない」なんて壮大な夢を抱いています。

私の夢は、ハンドメイド作家を育て、もっと外の世界へ広げ、次の世代に引き継いでいくことです。10年後に、その夢が現実のものになっていますように!できることから少しずつ頑張ります。

Follow me!