商売をするには、ターゲットのお客様の生活スタイルや考え方をよく知ること


商売をする上でターゲット設定はとても大切です。

例えば、ハンドメイド作家さんは主婦を相手に仕事をすることが多いと思いますが、そのためには主婦の生活スタイルや考え方をよく知る必要があるでしょう。

そして、同じ主婦でも、年齢、子どもがいるかいないか、子どもの年齢、旦那さんの収入、自分が働いているか、親の年齢、住んでいる地域などで、生活スタイルや考え方、行動、使えるお金もずいぶんと変わってきます。

例えば、30代主婦で子どもが乳児~幼稚園児の場合は、ほとんど子ども中心の生活になってしまうでしょう。平日に自分の用事で外出することはできませんし、休日は夫と子ども中心になります。自分の自由時間は、子どもが幼稚園に行っているときか、昼寝をしているとき位しかありません。下に兄弟がいれば、ますます自分の時間は減るでしょう。

子どもが小学生の場合は、少し自由になる時間もありますが、学校の役員や子供の習い事や塾などがあると忙しい時期でもあります。なるべく早く社会復帰したいとパートに出る人もいるでしょう。おこづかいは月に5,000~10,000円位です。

40代になると、子どもの年齢も小学生から中学生位になるので、少し自由な時間が増えてきます。子どもが学校へ行っている間は外出したり、パートに出られるようになってきます。それでも、やはり休日は夫や子どものために空けておく人が多いでしょう。また、40代後半になると親の介護や自分の更年期障害など別の悩みも生まれてきます。自分の体力の衰えも感じ始める年代です。おこづかいは月に5,000~20,000円位と少し幅が広がってきます。

50代になると、子どもは高校生~成人になりだいぶ自由に動けるようになってきます。子どもや夫との距離感も少しずつ変わってくるでしょう。ただし、やはり親の介護などが心配な年代でもあります。おこづかいは10,000円~30,000円。子どもが大きくなるとお金もかかるので専業主婦の場合はそんなにおこづかいは増えないでしょう。

60代になると、子供の手が離れだいぶ自由になってきます。親の介護も終わっている人もいるでしょう。ただし、今度は自分の体力や記憶力も少しずつ衰えてくる年代でもあります。元気な人とそうでない人の差が少しずつ開いてきます。おこづかいは推定10,000円~30,000円。

そのおこづかいの中から、美容代、ランチ代、被服代、娯楽費などを捻出するのですから、趣味に使えるお金はごくわずかになります。それを使ってもらうためには、すごく工夫が必要ですよね?

また、家庭生活を大事にする人は、夏休み、冬休み、春休み、子どもの学校行事、季節の記念日(お正月、ひな祭り、子どもの日、お盆、お彼岸、クリスマスなど)を大切にします。そういう日はなるべく外出を控える人が多いでしょう。

そんなことを踏まえて、どんな作品を作るのかや、教室の曜日や時間や料金を考えていくと、もっとお客様を増やせるかもしれません。

*私は教室運営を23年以上しています。20代の独身~50代の子供が成人するまでのライフスタイル。子供3人、PTAなどの役員12回、自身の病気、親の介護経験あり。引っ越し回数は国内5回、海外2回です。

Follow me!