ハンドメイド作家のブログにはこんなことを書いてみよう


 

昨日、ブログとSNSの活用についての記事を書きました。では、ハンドメイド作家は一体ブログにどんなことを書いたらいいのでしょうか?

それは「自分が何をやりたいのか?」「誰を対象にしたいのか?」によって変わってきます。

商品を売りたいのであれば買ってくれるお客様ですし、教室運営をしたいなら生徒さんやこれから生徒さんになりたい人ですし、企業やメーカーと仕事をしたいならそういう人に向けて書く必要があります。そうした目的ターゲット設定をハッキリさせないと、ボンヤリとしたブログになってしまい望む結果を得ることはできません。

商品を売りたいハンドメイド作家さんなら、なるべく商品を載せるといいでしょう。材料から、作っている過程、出来上がり、コーデネート例、こだわっているところなど、少しずつ載せるのが効果的です。最後に必ずショップやイベントなどに誘導しましょう。

教室運営をしているなら、教室の様子やご自分の作品をたくさん載せましょう。お客様は楽しそうなところに集まってきますから、楽しそうな笑顔の写真や生徒さんの作った作品がいいですね。生徒さんにはきちんと掲載許可をいただくか、顔出ししたくない場合は加工したり、最初から映らないようにしていただきましょう。

企業やメーカーと仕事をしたいなら、自分がどういうことができるのか、どんな作品を作っているのかなどをわかりやすく載せるといいでしょう。イベント出展、展示会、ショップ、教室、講習会、コンテスト入賞、メディア掲載などの実績を載せて、プロとして責任を持って仕事ができるところをアピールすると効果的です。その際は、あまり自信のない発言をしない方がいいでしょう。

でも、ハンドメイド作家だからといって、ハンドメイドの事ばかり書かなくても大丈夫です。3割くらいは仕事以外のことも書いてみましょう。内容は自分の好きなことや思ったことなどがいいでしょう。自分らしさを素直に出すことが大切です。ただし、あまりネガティブなことや他人の批判・自分の自慢ばかりだと読者の方に嫌がられてしまいますから、そういうことは控えめにした方がいいでしょう。

こんなことに気をつけて書いてみると、望む結果にどんどん近づいて行けると思います。最初は写真1枚、文章1行でも、なるべく毎日~週2回くらい書くのが効果的です。書いたらFacebookやTwitterで拡散しましょう。今はInstagramも人気ですから積極的に活用してみるといいでしょう。何事も慣れと継続が大切です。ご自分がやりたいことがあるのなら、少しずつでも時間を見つけて続けてみましょう。

そして、ブログやSNSの使い方に慣れてきて、ハンドメイドを本格的に仕事にしたいと思ったら、ホームページを作るのがお勧めです。更に社会的信用度が高まってプロとして認められやすくなりますよ。ホームページは無料のJimdo、Wix、Ameba Owndなどもありますが、個人的にはWordPressがお勧めです。ホームページを作った生徒さんたちは、どんどん活躍の幅を広げています。やはり、プロになりたいのなら覚悟を決めて必要な経費をかけることも大切ですね。

ご希望があれば、また「WordPressでホームページを作る講座」も開催しますので、ぜひご連絡くださいね。

お問い合わせ

Follow me!