「ご依頼主様の信用と実績に応える講座にしたい」といつも考えています



お陰様で最近は、自治体、商工会議所、法人様などとお仕事をさせていただく機会が増えてきたので、講座の内容には細心の注意を払っています。

法律的に間違いはないか、最新の情報になっているか、受講者の皆様にわかりやすく効果のある内容になっているか、そんなことに注意をしながら講座を組み立てて、編集作業を進めています。

やはり、そういうところで教えるということは、受講者の皆様が信用や実績があると信じて来てくださっている訳ですから、それを裏切る訳にはいきません。「ここへ来て教わってよかった」「やっぱり〇〇〇〇なら安心だね」と思える内容にしたいと日々考えています。

心を穏やかに整えて、一人静かに試行錯誤を繰り返しています。昨日はある程度できたので、印刷してチェックをしてみました。今日は更に時間配分などを考えて、もう一度練り直してみます。

カリキュラムを組み立てて講座を作る作業というのは、なかなか大変な作業なんですよね。どういう順番で話せば伝わるのか、どういう表現にすればやる気になるのか、どうしたら飽きずに楽しんでもらえるのか、何度も練習しながら試行錯誤しています。でも、そんな苦労も、生徒さんが「やりたいことを実現できた!」と喜んで下さった時には吹き飛んでしまうから不思議です。

いつも、今までよりもっといい講座になりますように・・・と願って、編集作業をがんばっています。

 

今回の「第15期さいたま女性創業塾」は「ハンドメイド作家になりませんか?」ブティック社を教科書に使います。

Follow me!