私にとってこれだけは譲れないもの


 

税理士の山口晶子さんのブログ「譲れないものがあれば元の場所に戻れる」から

以前、お付き合いしていただいていた司法書士の方に言われたことです。

「正しい仕事をしていれば、正しいお客さまが来ます。

一度でも怪しい仕事をすれば、怪しいお客さまが来るようになります。

仕事は選びなさい。正しい仕事をしなさい。」

「譲れないものがあれば元の場所に戻れる」

私もこれには気を付けています。

私の実家は建具屋で、祖母は和裁士でした。父も祖母も曲がったことが大嫌いな職人気質で、たとえどんなに小さな仕事でも手を抜くことはありませんでした。だから、周りの人からの信頼も厚く晩年まで職人として暮らしました。

私もその気質を受け継いでいるらしく、どうしても曲がったことができません。たとえ、自分に不利になるとわかっていても、心がなかなか受け入れられないのです。

今は、自分一人ではなく色々なところとお仕事をさせていただいているので、そちらに不利になることはできる限りしたくないと考えていますが、それでも時々うまく対応できない時があります。だから、それでダメになった時は、自分の実力不足、またはご縁がなかったのだと諦めることにしています。

今はハンドメイド作家起業アドバイザーとして、人に教えるためにたくさんの勉強をしています。今まで学んできたことを学び直したり、足りないことを勉強したりしているのですが、常に受講生の皆様に最新の情報をお届けできるように、講座内容はその都度見直して更新しています。自分だけでわからないところは、専門家にチェックしてもらったり、お金を払って自分で勉強しに行ったりもしています。

やはり、公的機関や企業で教えるということは、それだけの責任を背負っているということだと思っています。だから、その期待を裏切らないように、そして受講者の皆様に「やっぱりここで学んでよかった」と思っていただけるように、日々精進して参ります。

 

Follow me!