教える側と教えられる側の温度差があり過ぎると火傷させる


043

 

ハンドメイドを趣味とする人は、わりと大人しく控えめでインドア派の人が多い。だから、講師が余りにも情熱的で活動的だと、ちょっとビビって引いていまう人が多い。

特に最近は技術的なものよりも、楽しさや安らぎ、達成感、連帯感などを味わいたい人が増えているので、講師から「アレやれ」「コレやれ」と言われると「私には無理…」と最初から諦めてしまうこともある。

これは、私にも当てはまるので気をつけているんだけど、講師という職業は母親のような気持ちが大切なのかもしれないね。

*本人の力を信じて待つ(見守る)

*出来た時はうんと褒める

*たとえ失敗しても怒ったり否定したりしない

最初はなかなか難しいかもしれないけど、これを続けていくと、だんだん信頼関係が出来てくるよ。

自分が熱い情熱を持っている人はその情熱を心に秘めて、落ち着いた態度を心がけてみて。

Follow me!