好きなことを仕事にするには、実際に自分でやってみること


 

さいたま商工会議所主催「第14期さいたま女性創業塾」の皆さま

本当に好きなことって誰に止められても、どんな状況でもやってしまうことなんですよね。でも、それを仕事にするとなると、なかなか難しいと感じてしまう人も多いんじゃないでしょうか?

だから、私はそんな方法を教えることを仕事にしています。

今が、いい時代だなと思うのは、ブログやSNSで誰でも情報を発信できて、周りの人の状況をリアルタイムで知ることができること。そして、コミュニケーションが図れたり、自分もがんばろうと思ったりできることです。

毎日Facebookから、生徒さんたちの投稿が流れてきます。

桐生織を広めるために、地元の織物工場5社と協力して商品開発をしている人

親の介護をしながら、着物用の反物の染めを始めた人

毎月、地元のイベントに出展して新作を発表したりワークショップを開いている人

毎月、自宅ギャラリーで展示販売会やワークショップを開いている人

大型イベントに出展したら、他の生徒さんが訪ねて来てくれた人など。

なんだかすごく嬉しいなぁ。

そうやって、周りの仲間に刺激されて、自分からどんどん行動できるようになってくれる人が増えているのが嬉しい。そして、それを応援したり、励まし合ったりできる仲間が増えているのが本当に嬉しいです。

私は、自分から生徒さんの手を引いたり、「あれをやれ、これをやれ」とは、言わないようにしています。なぜなら、それは本人が考えることだと思っているから。好きなことを仕事にしていきたいのなら、自分で状況を判断して行動し、成果を出していく力を身につけることが一番大切です。

だから、たくさんの道を示し、行動するといいことを教え、生徒さんたちの背中を押したり、道を見つけたりするお手伝いはしますが、何をするかは本人に決めてもらっています。私は足りないところを付けたしたり、アドバイスをする程度です。

どんな状況でも、やれば必ず見えてくるものがありますし、自分でやった失敗から学ぶことは本当に多いものです。

1回目は、教わった通りに練習のつもりで

2回目は、できなかったところを自分で工夫して

3回目は、もう少し上手くできるように

そんな風に段階を追っていくといいよと教えています。

私の教えることに、真剣に応えて行動してくれる人がどんどん増えているのが嬉しくて、またこれからもハンドメイドを楽しく仕事にできる人を増やしていきたいと思っています。

 

ハンドメイドの仕事の仕方が詳しく載っている本です。

Follow me!