手芸教室で大切なこと10か条


20年以上の手芸講師(手編み、刺繍、ソーイング、パッチワーク、ビーズアクセサリー、など)と生徒の立場(手編み、フラワーアレンジメント、トールペイント、レザークラフト、カリグラフィー、ハワイアンキルト、カルトナージュ、お料理、パン、お菓子など)から、手芸教室で大切なことをまとめてみました。

手芸教室で大切なこと10か条
①生徒さんのレベルを知る
②生徒さんのレベルにあった教え方をする
③生徒さんの進行度合いに気を配る
④時間を守る
⑤知識の出し惜しみをしない
⑥教えることを楽しむ
⑦約束を守る
⑧平等に接する
⑨魅力的な講師であるように努める
⑩流行にもアンテナを張る

特にやり始めのころは生徒さんのレベルや進行度合いに合った教え方をするのは難しいですし、慣れてくると今度は馴れ合いになってしまって特定の生徒さんばかりと話してしまったりして平等に接するというのが難しくなってきたりします。いつも、初心を忘れず生徒の皆さんが楽しい気分で通ってくれる教室を目指したいですね。

詳しい内容は「ハンドメイド作家になりませんか?ブテイック社」の中でもご紹介していますので、どうぞご覧になってくださいね。

IMG_NEW (506x640)

Follow me!