人間関係を上手くいかせるために心がけている3つのこと


あなたは毎日楽しく過ごしていますか?

悩み事のトップ3は、人間関係、お金、健康と言われています。中でも、人間関係がうまくいかないとストレスを感じて、身体にも異常を来すことがありますよね。

私も、昔は人間関係にとても苦労しました。周りに支配的な人が多かったので、自分の本心を出すことができずに、いつもいい人を演じていました。だから、とても窮屈でしたし、相手に「嫌だ」とか「無理だ」ということができずに、限界まで我慢して身体も壊しました。

でも、身体を壊した事によって、自分の本当の感情に気がつき、「嫌だ」「苦しい」「助けて」と言えるようになったのです。それからは、物事が上手く回り始めるようになりました。

そこで今日は、私が人間関係を上手くいかせるために気をつけている3つのことをお伝えします。

①相手と自分は違う人間だと自覚する

子どもでも、親でも、夫婦でも、友達でも、仕事相手でも、自分と相手は違う人間だし、考え方も、物の見方も、やりたいことも違うと自覚することです。そうすれば、たとえ親しい関係でも相手をコントロールしようとは思わなくなりますし、相手の意志を尊重することができるでしょう。違う意見が出た時に、いかにそれを認め合い、より良い方向にもっていくことができるのかが大切だと思います。どちらかが相手を支配しようとすれば、相手は窮屈さを感じて逃げ出そうとしますが、相手を束縛せず、居心地のいい関係を築けば、相手はいつもあなたの側にいたいと思うでしょう。

②相手に必要以上に期待しない

「きっと相手は、こうしてくれるだろう」と思って行動すると、断られたときはガッカリしますし、「何でしてくれないんだろう?」という気持ちが湧いてきます。だから、私は相手に必要以上に期待しないようにしています。そうすれば、もしも自分のして欲しいこと以上のことをしてくれたら嬉しいし、もっといい関係が築けるからです。

③自分がしたことのお返しは求めないが、相手にしてもらった恩は忘れない

人は自分のしたことは覚えていますが、相手にしてもらったことは忘れがちです。でも、人徳が高く周りから人気のある人は、自分がしたことのお返しは求めませんが、相手からしてもらった恩は忘れません。だから、私もいつもそうありたいと心がけています。
「今時、義理や人情なんて古臭いよ」という人もいるかもしれませんが、結局、この世で生きていくためには人と関わっていくことが必要不可欠です。そんな時に、人柄のいい穏やかな人と一緒にいると本当に心が落ち着くものです。相手が何を求めているのか瞬時にキャッチして、欲しい言葉をかけてくれたり、ゆったり寛げる空間を作ってくれる人というのは、いつの時代も求められます。そして、そんな人の周りには、いつもたくさんの人が集まってくることでしょう。

以上、私が人間関係をよくするために心がけている3つのことでした。

ヴォーグ学園 初のオンライン講座 受講者募集中です

「WordPressホームページ講座」受講者募集中 8/25(土) 渋谷

さいたま商工会議所主催「第15期さいたま女性創業塾」ただいま開催中です

Follow me!