ハフィントンポストに取材記事が掲載されました


THE  HUFFINGTONPOST に取材記事が掲載されました。

リモートワーカーは情報発信が命。自宅にいながらチャンスをどんどんモノにする!

DSC_0028

とても優しく明るい雰囲気の沼里良枝さん。元看護師というのも納得です。

手芸歴40年以上で、長年ニットデザインや手芸教室の講師をしてきた沼里さんですが、2015年からは「ハンドメイド作家育成アドバイザー」としてリモートで行う活動を始めました。いったい、どのようなお仕事なのでしょうか?

沼里良枝(Yoshie Numasato)/ハンドメイド作家育成アドバイザー
1967年生まれ。5歳からハンドメイドを始め、ニットデザイナーを希望するも親の反対により看護の道へ。しかし看護師をしながら編み物の資格を取得し、手芸雑誌に作品が掲載されるなど、夢に向かって少しずつ準備を進める。
結婚後は国内外を転勤しながら自宅で手芸教室を開催。コンテストの入賞などをきっかけに、ニットデザイナーとしても活躍の幅を広げる。
2015年より、プロの手芸作家を目指す人を対象に「ハンドメイド作家講座」を開講。2016年5月19日には『ハンドメイド作家になりませんか?』をブティック社より出版予定。

続きを読む

 

取材してくださったのはライターの平田志帆さんです。とっても気さくで話しやすくて、ついついハンドメイド業界への思いを熱く語ってしまいました。こんな機会をくださって本当にありがとうございました。

この記事の著者:平田 志帆(Shiho Hirata)

11181181_249987632014697_3031962269522936918_n

コールセンター勤務や専業主婦を経て、33歳のときに医療系メカの専属ライターに転職。産休・育休を経て復職するも、家庭の事情により両立が困難になりフリーに。現在は仕事と育児をほどよく楽しんでいる。この経験からワークライフバランスや女性の働き方に関心を持ち、それをメインテーマに活動中。

 

Follow me!