プロになりたいなら、プロが当たり前にしていることをしよう


image

ニットデザイナーきゆなはれる先生のアトリエにて

プロのハンドメイド作家・講師・手芸デザイナー・クリエイターになりたいのなら、プロが当たり前にしていることを実践しよう。それがプロになる近道だよ。

①技術とセンスを磨きオリジナル作品をたくさん作る
②自己アピールツールを充実させる
③どんどん実績を作る
④プロと付き合う
⑤起業についてきちんと学ぶ

①技術とセンスを磨きオリジナル作品をたくさん作る
やはりクリエイターとして一番大切なのは作品の良さ。まずは、技術やセンスを磨きオリジナル作品をたくさん作ろう!自己流もいいけど基本をきちんと習うことも大事だよ。勉強する場合は、きちんと実績のあるところで学んでね。

②自己アピールツールを充実させる
名刺(ショップカード)、ブログ、ホームページ、パンフレット(セルフマガジン、ポートフォリオ)などの自己アピールツールを充実させよう。
特にプロフィールが大事なので、今までの人生を振り返って、やってきたことをきちんとまとめて書いてみよう。もしも、顔出し・名前出しがOKなら、出した方が社会的な信頼度はアップするよ。

③どんどん実績を作る
仕事は人から与えられるものではなく、自分から見つけて提供するもの。
自分がやりたいと思うことをどんどんやってみよう。ネット販売、委託販売、イベント販売、展示会、コンテスト入賞、講習会、教室、キット制作、本の執筆、お店を持つ・・・自分がやりたいと思うことは先にやってしまえばいいんだよ。頼むほうの立場としてはやっぱり実績があって確実に仕事ができる人に頼みたいよね。だから、やりたいことがあるならどんどん先にやっちゃおう。

④プロと付き合う
やっぱりプロになりたいのなら、自分が憧れるプロの仕事をしている人と付き合うのが一番!え~、そんなこと言ったっていきなりは無理なんじゃないのって思う?
一番いいのはプロの人がやっている教室とか講座に行って学ぶこと。本当に一流の人は惜しみなく知識や技術を教えてくれるし、控えめで自然体。そういう態度や仕事に対する考え方を学ぶこともできるから、お金を出しても実際にお会いして学ぶ価値は十分にあると思うよ。そういう講座はたいてい常識的な値段だしね。

⑤起業についてきちんと学ぶ
ハンドメイド作家・講師って家でできる仕事だから、なんとなく始めちゃって起業の知識がない人もたくさんいると思うけど、ある程度収入を得ることができたら(目安は年収20万)一度きちんと起業について学んだ方がいいと思う。知っていてやっていることと、知らないでやっていることには天と地ほどの違いがあるからね。仕事をしてお金を得るということは社会的に責任があるということを自覚しなくちゃいけないよね。
セミナーに参加するなら自治体などで開催している(女性)起業セミナーがお勧めだよ。リーズナブルな値段でプロの起業コンサルタントや税理士、会計士に直接教えてもらえる上、条件を満たして申請すれば自治体の助成金をもらえる場合もあるからね。

そんなプロのハンドメイド作家・クリエイターになるための「第4期ハンドメイド作家講座」は7月25日(月)9:00~募集開始です。限定12名の少人数制なので、ご希望の方はお早めにお申し込みくださいね。

第4期ハンドメイド作家講座

同時に「イベント出展実践講座」も募集します。こちらはハンドメイド作家講座受講者を優先させていただきますのでご了承ください。

イベント出展実践講座

 

Follow me!