あなたにぴったりのハンドメイドの仕事を見つけてそれを生かす方法を学ぼう


016トールペイントのトルソー:デザイン川島詠子さん

ハンドメイドが好きで仕事にできたらいいなと思う人はたくさんいるでしょう。そんな人のために私は講座を作りました。どれも、そんなに難しいことではありません。ファッション学校や服飾学校で普通に学べる内容です。それを更に必要な要素だけコンパクトにまとめて、実際の経験や今のハンドメイド業界の実情も踏まえ、仲間と楽しく学びながら実力がつく内容にしています。

でも「講座に来ない?」と誘うと、「私にはまだ早過ぎます」とか「私には無理です」という人がたくさんいます。その度に私は「なぜ?」と思ってしまいます。私の経歴を見てこんなに勉強しなくちゃプロになれないのか・・・と思ってしまったのでしょうか?でも、それはある意味当たり前ではないでしょうか?講師があなたより経歴がすごいのは当たり前です。それなら逆に「実際に仕事をしたこともない素人同然の人に、簡単に成功する秘訣を教わって満足なのですか?」とこっちが聞きたいくらいです。

私がデザインを学んだのは22~24歳の時。皆さんよりずっと早く学びました。それも東京・パリコレなどにも参加している一流の現役デザイナーの講師陣から。とても実践的な内容で、社会に出て個人で働く上ですぐに役立ちました。企業に就職したり、師について働いた経験のない私は本当に助かりました。でも、今は時代の流れでバンタンデザイン研究所にニットデザインクラスはありません。なぜならニットデザインを学んでも、企業や工場が日本にはないので就職できないからです。(他の学校にはあるところもあります)

ぬまさとよしえのハンドメイド作家スクールの「ハンドメイド作家講座」で学んだからと言って、すべての人がプロになる必要はないと思っています。
ハンドメイドには色々な道があります。作ることが好きな人、作った作品を売りたい人、教えるのが好きな人、デザインしたり新しいものを生み出すのが好きな人・・・自分が何が得意で何をしたいのか、まずはそこから始めて欲しいのです。そうしたら、それを生かす方法が色々あります。その方法を知ることによって、今までの第1期~第3期の受講生たちは自分のレベルや生活スタイルに合わせて無理なく活動を続けています。

このハンドメイドブーム・起業ブームもそのうち終わりを迎えるでしょう。そしてハンドメイド業界にも世代交代がやってきます。その時自分がどの位置にいるのか?それを考えれば自ずとやるべきことが見えてくるでしょう。
目先の事だけに捉われ過ぎず、長い目で全体を見る訓練をしてみませんか?

 

第4期ハンドメイド作家講座

イベント出展実践講座

 

2016-08-25 | Posted in ハンドメイド作家講座Comments Closed 

 

関連記事