工業用パターンってこう引くんだ!こういう細かい工夫があるから誰が縫っても綺麗に仕上がるんだね


image

今日は、第2期 パターンナー・刺繍講師のちばめぐみさんのセミナーに東京八王子のハニカムステージまで行ってきたよ〜!先月からずっと楽しみにしていたの。どんなことをやるのかな〜?ワクワク♡

 

 

やっぱりちばさんは、長年企業のパターンナー、ドレメ学院の先生をされていただけありますね〜。準備もバッチリだし、手順もとってもわかりやすい。「あ~、そうか!こういうタイミングで受講者の皆さんの進行状況を確認したり、質問事項はないか聞けばいいんだね。」な~んて講習の仕方もすごく勉強になったりして。

今日は、工業用の縫しろ付きシャツのパターンを教わったのですが、誰でも綺麗に縫うための工夫がいっぱい!今まで自己流で本を読んだり、作り方の工夫をして作っていたけど知らないことだらけ。着た時に体に沿うきれいな服を作るには、色々と細かい調整が必要なんだね。0.5mmとか、1mmとか、おっそろしく細かい世界だよ…。

襟には布の厚みや折り返し分を考えて、パターンにゆるみを入れたりカットしたりするんだって。やっぱりプロ技は全然ちがうね!!!それに、ソーイングの製図ってニットの製図とは全然違う!

最近のソーイングの本のパターンは初心者さんでも簡単にできるように型紙が襟の表も裏も同じだし、全体的にゆるみも多いから作って着てもカッコ悪くて、あんまり作りたいと思えないんだよね。やっぱりもっときちんとパターンを勉強したいなぁ。ちばさんみたいに教えてくれる人が身近にいると本当に心強いわ♡

image

参加者の皆さんも、今回は「シャツが自分で縫えること」という条件だったので、ソーイングが得意な方やお仕事にされている方ばかり。皆さん前のめりでとっても真剣です。

次回はちばさんがシャツの縫い方の実演をしてくれて、希望者にはシャツの縫い方を教えてくれるんだって~!(裁断済みの布が必要です)

どんな布で作ろうかな~?ストライプ?それともリバティ?よ~し、今度買いに行こうっと。

image

セミナーが終わった後は、ちばさんと一緒にみんなでランチ!パターンの事だけじゃなくハンドメイドのお仕事のこともたくさん聞けるんだよ〜。これからは初心者用のセミナーや、ファスナー付けや襟などの部分縫いのセミナーもやっていく予定なんだって。ますます、楽しみだね〜♡

image
ちばさんのブログはこちらです。

ちばさんも来てくださった「ハンドメイド作家講座」次回は、9月24日(土) 13:15~16:00江戸東京博物館 で 2回めです。
もしも、1回目を受けそびれてしまった人はオンラインで補講しますので今からでも間に合いますよ~🎵
すでにハンドメイドをお仕事にしている方も更にステップアップしてみませんか?

第4期ハンドメイド作家講座

イベント出展実践講座

オンライン手芸講座

講座の資料請求・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

2016-09-21 | Posted in 受講生紹介Comments Closed 

 

関連記事