ハンドメイド作家になれなかった経験が教えてくれたセルフブランディング~村川久夢さん~


作家の村川久夢さんが「ハンドメイド作家になりませんか?」の感想を書いてくださったのでご本人の許可を得て紹介させていただきます。

o0960080613760198540

*沼里良枝さんの本「ハンドメイド作家になりませんか?」と私が編んだワルニャン

 

私は、ハンドメイド、中でもかぎ針編みが大好きで、いつも何か編んでいる人と言われていました。

よく「久夢さん、◯◯を編んで~」「△△の編み方を教えて」と頼まれたものです。かぎ針編みが楽しくて、小物やウエアを数え切れないほど編みました。一時は、真剣にかぎ針編みの指導者になろうと思いました。

Twitterでハンドメイド仲間と知り合い、ある時、私も手作り市に出展することになりました。夢中で、作品を作りました。もともと作るのは好きなので、大変でしたが、準備は楽しかったです。

でも、初めての出展だった私は、手作り市参加の宣伝告知や作品の紹介を全然していませんでした。SNSも好きで利用していましたが、作品作りに追われて、全く宣伝に利用していませんでした。

当然、私の作品は全然売れずに、ひとり落ち込んで帰りました。

この時、私はハンドメイド作家として身を立てることを諦めました。売れなかったからではありません。

ハンドメイド仲間の気構えと言うのか、覚悟が、私にはないことに気がついたのです。

一緒に出展した仲間は、日夜、自分のオリジナル作品の制作に励み、出来た作品をSNSを使って効果的に宣伝し、キャンペーンやイベントも企画していました。

また、ネットショップや手作り雑貨のお店と提携して、作品販売の分野も意欲的に開拓していました。

私には出来ない、ハンドメイドは趣味で楽しもうと思ったのです。

それから紆余曲折ありましたが、私はハンドメイド作家ではなく、作家として身を立てて行こうと決意し、作品を書き、最初のエッセイ集 『大丈夫、きっと乗り越えられる~鬱・夫お死を克服した私からのエール~』 を出版しました。

今、私は、一緒に手作り市に出展したハンドメイド仲間と同じような、気構えと覚悟をもって作家活動に取り組んでいます。

タイトルと可愛いイラストに惹かれて買った沼里良枝さんの本 「ハンドメイド作家になりませんか?」 は、ハンドメイド好きでかつてハンドメイド作家を考えた私には、とても参考になり勉強になる本でした。

また、見ているだけでもワクワクしました。でも、それだけではないのです。今、作家として活動している私にとってもセルフブランディングとは、具体的にどんなことなのかを教えてくれる本でもありました。

元記事はこちらです

実は私がこの本を出そうと思ったきっかけは、あまりにもお気楽に「ハンドメイド作家は家に居て簡単に儲けられる」「主婦起業は素晴らしい」という昨年までのマスコミの謳い文句や世間の流れに一石を投じたいという思いがありました。このままでは、ハンドメイド作家さんも業界もダメになってしまうと思ったのです。

もちろん、ハンドメイド作家には誰でもなれます。でもね、本当に仕事にしようと思ったら、実力も覚悟も戦略も必要なんだよ、ということを知って欲しかった。

とはいえ、この本に書いてあることを全部やらなきゃなれないってことではないです。
・まずは自分が将来どんなハンドメイド作家として活動していきたいのか?
・そのためにはどんな道があって、自分はどこを通っていけばいいのか?
ということを知って欲しい。この本はそれを知るための本です。

残念ながら、久夢さんは手作り市に出たことで「ハンドメイドはやっぱり趣味でいいわ」と思ってしまったそうですが、もし手作り市に出展した頃、沼里さんの本やセミナーを知っていたら、また違った選択をしていたかも知れないなと思ったそうです。

もし、あなたがハンドメイド作家として、この先どうやって行ったらいいのかわからないと悩んでいるのなら「ハンドメイド作家講座」に来てください。あなたがどんな道を通り、どうやってアプローチしていけばいいのかが具体的にわかるようになります。特に難しいことはやっていません。お一人お一人のやりたいことに合わせて、無理のないペースで最適な道、効果的なアプローチが出来るようアドバイスいたします。

第4期ハンドメイド作家講座

イベント出展実践講座

オンライン手芸講座

講座の資料請求・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

Follow me!