なぜ、私がハンドメイド作家スクールをはじめようと思ったのか?


20160122_0067

 

それは、今のハンドメイド業界、出版業界に、プロとしての仕事ができるハンドメイド作家を育てる余裕がないからです。

ここ数年でハンドメイド業界、出版業界の仕事の仕方はずいぶん変わりました。紙の本が売れなくなり、プロとしての仕事が出来るハンドメイド作家は飽和状態です。そのため、仕事は確実に売れるベテラン作家ばかりに集中し、今まで仕事がもらえていたハンドメイド作家でさえ振り落とされて仕事が無くなってきているのが現状です。特に30~60代の、技術はあるのに知名度が低い人はどんどん仕事がなくなってきています。だから、今からそこへ自分の作品の力だけで参入しようというのは至難の技です。

また、パソコンやスマートフォンの普及により、一般の人でもブログやSNSでの発信力や写真技術を持つ人が増えてきて、今まで編集者やカメラマンや広報や営業の仕事だったこともハンドメイド作家が担えるようになってきました。それは、これから活躍したい新人作家にとって素晴らしいチャンスであると共に、常に自分の技量以上の才能を求められ疲弊して数年で体を壊して消えていく…という悪循環にもつながっています。

そんな業界の現状を、少しでもハンドメイド作家が働きやすいように改善したかった。そして、もっとハンドメイド作家自身が、無理のない働き方を身につけて長く活躍できるようになってもらいたいと思ったのです。

私は25年以上に渡り(家庭の事情や健康上の問題で途中ブランクもありますが)、長くハンドメイド業界・出版業界でお仕事をさせているのですが、その中でたくさんの先生方や先輩方、編集者さんたちにご指導やご助言をいただき育てていただきました。だから、今度はその役目を私が引き継ぎ、今後のハンドメイド業界・出版業界で活躍できる人材を育てていこうと決心したのです。

今の作家さんたちは師弟制度もなく、グループに属さず個人で活動している人も多いため、体調を崩したり家庭の事情で続けられなくなった場合、どうしてもそこで仕事の縁が切れてしまします。そんな状況を改善するため、困ったときに助け合うことのできる仲間を作り、ハンドメイド作家同士の横のつながりを強化していきたいと考えています。

だから「ぬまさとよしえのハンドメイド作家スクール」では、最初にハンドメイド作家としての心構えや無理のない働き方、税金、著作権、販売などのトラブル対応、販売、講師、手芸デザイナーとしての仕事の仕方を学んでもらい、自分の身を守る術を身につけてもらいます。そして、仲間との信頼関係を作り、一緒に活躍したり助け合う環境づくりに努めています。(実際に、仲間同士のコラボ企画が次々とはじまっていますので、おいおいご紹介していきますね)

確かにプロとして仕事をしていくというのは、かなり覚悟がいることです。でも、正しい働き方を知り、困ったときはいつでも相談できる師や仲間がいれば心強く、一度の失敗でせっかく得たご縁や仕事を失ってしまうこともありません。

ただ、最初から「私には才能がない」「私にはそこまで出来ない」と思う人は、決してプロとしての仕事は出来ません。ですから、ここに来る限りは覚悟を決めて来てください。
その代わり、覚悟を決めてきた人には出来る限りのアドバイスとサポートを致します。すでに、第1期~第4期で学んだ人たちは、次々とチャンスを掴んでいます。ぜひ、あなたもチャンスを掴みに来てみませんか?

本では決して学ぶことのできない、プロとしてのハンドメイド業界・出版業界の仕事の仕方をお伝えしています。

*もちろん、すべての人にプロとして企業や出版社と仕事をすることを推奨しているわけではありませんので、これからハンドメイドを仕事にしたいなぁ、今後もっと活躍してみたいなぁと思う方は、お気軽にお問合せ下さい。

第4期ハンドメイド作家講座

イベント出展実践講座

オンライン手芸講座

オンライン手芸講座ではで全国どこにいても学ぶことができます。
*手芸講座3回 24,000円 個別相談30分2回つき(オンラインまたは、電話)

講座の資料請求・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

2016-10-07 | Posted in ハンドメイド作家講座Comments Closed 

 

関連記事