なぜ、苦手なハンドメイドイベントにお金を払ってまで出展するのか?


%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%93%e3%81%a8%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%82%b3

上の画像:にゃんことみーこさんにお借りしました。「イベント出展実践講座」の第1回めにはゲストとして、イベントで大人気の にゃんことみーこさん のお話を伺いました。

・・・・・・・・・・・・・・

それは、大きなハンドメイドイベントには学びやチャンスがたくさんあるからです。

実は、以前の私はイベント販売が苦手でした。すっごく疲れるしお金もかかるのに、なんで周りのみんなが大きなハンドメイドイベントに出たがるのか、その理由が全くわかりませんでした。でも、実際に4年前にヴォーグ【にちよう】マルシェに参加してみて、今まで想像もしていなかったほど得るものがたくさんあったので、今期からわざわざ「イベント出展実践講座」をカリキュラムに組み込んでいます。

では、私が大きなハンドメイドイベント出展をお勧めする理由を一つずつ説明していきましょう。

①大きなイベントに出ると学びが多い 自分の作品に合ったイベント探し、イベント出展するための申し込み、出展料の払い込み、イベントページへの情報掲載、備品の貸し出し手続き、入金などの事務手続きのほか、ショップのコンセプト・ターゲット・商品構成決め、商品作りのためのスケジュール調整、実際の商品作り、値段つけ、ショップカードや名刺作り、イベント告知 (HP、ブログ、SNS、口コミ、ビラなど)、当日の搬入・搬出、人目を惹きつけるディスプレイ、接客、売れ筋商品の確認、会計など、様々なことを実践しながら学ぶことが出来るからです。
これは店舗を持たないハンドメイド作家にとっては、とても大きな経験です。何度か経験するうちに、販売やデザインの仕事のイロハを体験しながら学ぶ事ができるでしょう。

②大きなイベントにはチャンスが多い 人気のハンドメイドイベントには、一般のお客様だけでなく、TV局、ラジオ局、新聞社、出版社、手芸メーカー、企業のバイヤーなどが大勢訪れるので、そういう人たちの目に留まればまさしくビッグチャンスになります。
実際に、デザインフェスタや日本ホビーショー、横浜ハンドメイドマルシェなどの人気イベントでは、たくさんの作家さんたちが才能を見出され、企業と提携して店頭販売をはじめたり、講習会を開いたり、個展を開いたり、本を出版したり、TVに取り上げられたりとご活躍されています。もしも、あなたが販売には興味がないとしても参加する意義は大いにあります。

③自分の立ち位置を確認できる 日ごろ自分一人で作品を作ったり、ハンドメイドサイトで販売をしていると、どうしても家にこもりがちで外からの情報が乏しくなってしまいます。そのため作品作りに対するモチベーションが下がったり、自分には才能がないんじゃないかと思いがちです。でも大きなイベントに出ると、大勢の作家さん達の作品を見ることによってとても刺激になりますし、自分が今どのくらいのレベルにいるのかがわかるようになります。そうすると、自分のいいところ・足りないところがわかるので、今後何をしていけばいいのか目標を立てやすくなります。

④仲間が出来る 大きなイベントに出ると、近くのブースの人と情報交換して友達になったりできます。また誰かとコラボして一緒に出る場合は、企画の段階から話し合ったり指摘しあったりしてとても強い絆が出来ます。
私も、今までに何度か大きなイベントに出ていますが、一緒に出展した友達との絆は深いものですし、仲良くなった作家さんたちはその後すご~くご活躍されていて、今は企業とお仕事をされていたり、会社でご出世なさっていてビックリします。(;・∀・) そして、またそういうところから仕事のご縁が出来たりするので、外へ出て人と会う機会を増やすことはとてもいいことだと思います。

また、誰かと一緒に出ることで出展料や備品代、材料費などの出費も抑えられるし、個人の体の負担もグっと減るので、今回は一人1回1日のみグループで参加という形を取っています。

⑤参加することが実績となる

大きなイベントに参加するには、今までの実績や販売経験、情報発信能力が必要です。ですから、参加したということは大きな実績となります。プロフィール欄などに出展経験を書いておけば、周りの人からも認められやすくなるでしょう。
また、今後2020年の東京オリンピックに向けて首都圏の大きな展示場は徐々に使えなくなる可能性がありますので、出られるときに出ておくことをお勧めします。

⑥来年の「自分ブランドを作る講座(仮)」の練習になる

来年の4~7月は「自分ブランドを作る講座(仮)」全6回を行う予定ですが、そこでは、自分のブランドを確立するために自分の好きなものや流行を知り、ブランドのコンセプト・ターゲット・商品構成を考えてみんなの前で発表し、ブランド を商品や本にするための企画書を書いて、実際に企業や出版社に売り込むところまでを実習する予定です。
そのための準備としても、今年は仲間と一緒にイベントに出るということをぜひ体験しておいて欲しいのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そいう訳で私はこの秋、「横浜Handmade MAKERS’」と「デザインフェスタvol.44」に実際に出展する講座を作りました。参加者の皆さんは今出展に向けて準備を進めています。

この講座を開催するにあたり、私は一個人として皆さんと同じように申込期間にメールで申し込んで、抽選をしてイベントに出る道を選びました。ある程度ブースを確保するために、生徒の皆さんにもご協力をいただき申し込んでもらいました。なぜなら、そうすることで更に色々な経験が出来ると思ったからです。

だから、抽選で受かれば生徒さんたちと一緒に喜び、落ちればガッカリして2次募集に申し込んだり、また別のイベントを探したりしました。出展が決まってからは参加者を募り、ハンドメイド作家の皆さんのジャンルを考えて出展ジャンルを申し込みました。

ブースも出来ればいい場所が取れるといいな・・・と毎日祈っていましたし、実際に2つとも角地が取れた時にはみんなで喜び合いました。(どちらも正面入口まっすぐ進んだ角のブースです)
それは、きっと参加者の皆さんが日々作品作りに取り組み、毎日一生懸命ブログやSNSで発信して下さったお陰だと思っています。皆様本当にどうもありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

では「ぬまさとよしえのハンドメイド作家スクール」の11月の出展イベントをご紹介します。

11月10日(木) に参加します(クリスマスエリア D-20)
ショップ名:アトリエみっつのりんご(編物)
出展者:今井静枝さん岡部直美さん沼里良枝

Handmade MAKERS’2016年11月10日(木)-12日(土)パシフィコ横浜A・Bホール

 

11月27日(日)に参加します (4階 I-128)
ショップ名:Blue-Blossoms(刺繍&イラスト)
出展者:鈴木祥子さんなかじまともこさん戸坂奈ほみさん

International Art Event Design Festa

 

これからも進展状況などを随時ブログでご報告していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

第4期ハンドメイド作家講座

イベント出展実践講座

オンライン手芸講座

講座の資料請求・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

2016-10-10 | Posted in ハンドメイド作家講座Comments Closed 

 

関連記事