いつも前向きな答えをした人だけがチャンスを掴むことが出来る


img_2469

起業したての頃は、返事は「はい」か「Yes」で答えろと誰かが言っていましたが、本当にそうだなと思います。もちろん、まだ起業してなくてもハンドメイドの仕事をしたいと思ったら、なるべく「はい」か「Yes」で答えた方がいいです。それは、何でも相手の言うとおりにしなきゃダメとか、断っちゃダメという意味ではなく、とりあえず一度相手の要求を聞いてみて考えようということです。

例えば、誰かに「Aさん、素敵な作品を作っているから、今度一緒にイベントに出てみない?」と誘われたとします。そこで「いえいえ、私なんてまだまだですから、イベントなんて無理です」と答えてしまえば、次に声をかけられることはないでしょう。

でも「本当ですか?嬉しいです。イベントには私も出てみたいと思ってたんです。でも、今年は子供の受験があるので新作を作るのは難しいんですが、それでも大丈夫ですか?」と答えたらどうでしょう?声をかけてくれた人は、「今までの作品だけで大丈夫よ」と言うかもしれないし「それならまた次の時に声をかけるわね」と言うかもしれません。要はあなたの意志が、前向きかそうじゃないかということです。

img_2514

チャンスは本当にどこに転がっているかわかりません。先日、大きなハンドメイドイベントに出展した時も、ご自分の体調や家族の介護や家庭の事情で参加できない人がいた半面、直前に別の講習会に参加したことがきっかけで作品の展示だけ参加して、書籍の取材を受けて本に掲載される人もいます。(私のグループの一員として)

私はいつでも生徒の皆さんにチャンスを提供したいと思っているし、実際にそうしているのですが受け取ってもらえないことが多くて本当に残念だな~と思っています。今は空前のハンドメイドブームでチャンスがあちこちにあるのに、それを目の前に差しだされても受け取らないのはなぜでしょう?

チャンスを受け取るのが怖いの?

これからどんな風になってしまうのか不安なの?

それなら、ちゃんとハンドメイドの仕事について勉強してみたらいいんじゃないかな?そうしたらきっと怖くなくなるから。

自分の作品がコンテストに入賞して本に載ったり、店頭に作った作品やキットが並べられたりした時は本当に嬉しいです。みんなに大きな声で自慢したくなっちゃうくらい。「見て見て~!これ、私が作ったんだよ~♡」ってね。

そんな経験してみたくありませんか?そんなあなたにピッタリなお話をしますので、もしよかったら来てくださいね♪

はじめてのブランディング講座

講座案内

 

11月27日(日)11:00~19:00にデザフェスに参加します。
スクール案内も500部配布しますのでお気軽に遊びに来てください。

International Art Event Design Festa

11月27日(日)デザインフェスタvol.44に参加します。東京ビックサイト 4階I-128 Blue-Blossoms
いよいよデザフェス参加まであと1週間となりました。生徒の皆さんも今最後の準備に精を出しています。この出展は「イベント出展講座」の...
2016-11-24 | Posted in ハンドメイド作家講座, 全体Comments Closed 

 

関連記事