ハンドメイドコンテストに入賞して、もっと活躍の場を広げてみたいと思いませんか?


ハンドメイド作家として手芸本の仕事をしたいとか、もっと活躍の場を広げたいと思った場合、「コンテストに入賞する」という方法もとても有効です。そんなコンテストに入賞する方法を監修本の『ハンドメイド作家になりませんか?』のp.100でも詳しくご紹介しています。

 

IMG_NEW (506x640)

 

1、傾向と対策を分析する
まずは応募するコンテストの過去の入賞者の作品や、審査員の好みを把握しましょう。 そこから、どんな作品を作ったらいいのか考えます。
①今までに受賞したことのない作品
②今までに受賞した作品よりクオリティーの高い作品
③自分のオリジナリティや時代性が出ている作品
④審査員の好みの作品
この4つを踏まえて作品を作ると入賞する確率が高くなります。

2、応募するコンテストの意図や応募要項をよく理解して応募する
コンテストによって、入賞しやすい作風は変わってきます。
・独創性を重視するコンテストなら、大胆で個性的な作品。
・ママと子供関係のコンテストなら、簡単で手作り感あふれる作品
それを踏まえて自分の作風にあったコンテストに応募すると入賞しやすくなります。 応募要項もよく読んで、規定に沿うように作品を作りましょう。

3、季節感を大事にする
コンテストの結果発表の時期に合わせて作品を作ると入賞しやすくなります。
3~5月・春、6~8月・夏、9~11月・秋、12~2月・冬というように季節感を大事に作品を作るといいでしょう。 春夏・秋冬と2つに分けたり、イベント物を作ってもいいです。(お正月、ひな祭り、イースター、夏休み、ハロウィーン、クリスマス等)また、色や素材などを工夫してみるのもいいでしょう。

4、作品の良さをアピールする
作品の写真は、必ずピントが合っていてきれいに撮れたものを送りましょう。 天気の良い日の午前中に撮るのがおすすめです。 また、作品の説明はポジティブなことだけ書きましょう。 例えば、作品を作るきっかけやこだわった部分などを書くといいでしょう。

これは、実際に私が25年以上に渡り100回以上さまざまなコンテストに応募して、実験してきた結果を分析しまとめたもので、この4点に注意してみたところ80%以上の確率で入賞することができました。第1~3期の生徒さんたちも、この4点に注意してコンテストに応募して、入賞したり掲載されたりしてどんどん活動の場を広げています。では、2016年の生徒さんの実績を見てください。

 

20160411_1648434

第2期 鈴木祥子さん
日本ヴォーグ社・ステッチイデーvol.23
第2回FUJI×ステッチイデー
カラフルステッチ作品コンテスト「入賞」

12994497_970744096378993_660153451072830817_n

第2期・ちばめぐみさん
日本ヴォーグ社・ステッチイデーvol.23
第2回FUJI×ステッチイデー
カラフルステッチ作品コンテスト「入賞」

20160518_666699

第3期  今井静枝さん
毛糸のピエロ「審査員特別賞」

20160814_1741584

第2期 鈴木祥子さん
八王子ものづくりコンテスト「クロバー賞」

o0800120213548597210-426x640

第1期 楽編(らくあ)さん
あむゆーずブログ
みんなの手作り作品投稿ギャラリー

 

ぜひ、皆さんもコンテストに応募するときの参考にしてくださいね。スクールではもっと上位入賞する秘訣や、どんなコンテストに応募するといいかなども教えています。更に手芸の書籍でもどんどん活躍の場を広げている生徒も何人もいますのでこちらも合わせてご覧くださいね~♪

受講者のメディア掲載・コンテスト入賞など
 年月日  メディア タイトル・賞  受講者・詳細 2017 5月 「veggy」vol.52 イラスト掲載 なかじまともこさん 20...

 

リモート講師のはじめかた講座

はじめてのブランディング講座

講座案内

遠方の方や外出が難しい方はオンラインでご自宅でも学べます。写真&ブログ講座が加わって料金が30,000円から40,000円に変更になりました。ご了承ください。

オンライン手芸講座

 

2016-12-02 | Posted in ハンドメイド作家講座, 全体Comments Closed 

 

関連記事