流行は自分で作れ!~社会・時代・人の心を読んで、自分から流行を仕掛ける~


若い頃、学んだデザイン学校はとても実践的な学校でした。特に夜間コースは社会人のキャリアアップに重点を置いていたので、既にアパレルでデザイナーとして働いていたり、マーチャンダイジングをやっている人などが何人もいて、とても刺激的なクラスでした。先生方も大手アパレルの現役デザイナーばかりでとても親身になって教えてくださいました。

自分で街へ出て流行や売れ筋を読み取り、ブランドを立ち上げて商品を企画をしてみんなの前でプレゼンをしました。そして、実際に東京や静岡の工場に見学に行ったり、デザインを発注して商品化したりしました。他にも、ファッションの歴史、ファッション業界の仕事の流れ、色彩、デザイン画、模様、製図、指示書の書き方など、すぐにアパレルやハンドメイド業界で働ける実力を身につけることができたので本当に助かりました。今はニットデザイン科がなくなってしまったのがとても残念です。

その時、先生から教わったことは「流行は自分で作れ!」ということです。やっぱり、それくらいの気概がないとデザイナーにはなれないんですよね。いつまでも流行を後から追っていてはダメだということです。だから、私も大好きなデザイナーの方はたくさんいましたが、その方たちの作品はなるべく作らないようにしていました。やっぱり真似している限りは何物にもなれないんですよね。(デザイン学校へ通う前は、15年位色々なものを本を見て作っていましたし、今でも勉強のために本を見て作ったりキットを作ることもあります。)

ハンドメイド作家さんは、ふんわり癒し系でおっとりしている方が多いですが、実際にご活躍されていらっしゃる方々は、実はいい意味で計算高く策略家です。社会の動きや人の心をよく読んで、時代の先を見据えて自分から流行を仕掛けていくことがこの仕事にはとても大事なんです。

特に、これからハンドメイド作家として活躍したいと思うなら、センスに加えて、自分や作品のブランディングをしっかりして、経営の知識と情報発信の技術を身につけることが大事なのではないかと思います。大御所の先生でさえ毎日SNSでご自分の素敵な作品を紹介されているのに、今からやりたいと言っている人がたま~にしか更新しないのでは道は遠のくばかりではないのかな?なんて思ったりします。

ハンドメイドを仕事にしたいなら

・自分は何が得意なのか?
・お客様は何を求めているのか?
・自分の得意なこととお客様の求めていることの接点はどこなのか?
・どこに行けば自分の商品を買ってくれるお客様がいるのか?
・いくらならお客様は喜んで買うのか?
・もっと高くするためには何を工夫すればいいのか?
・それで利益を出して続けていけるのか?
・お客様を増やすためにどんな工夫をするのか?

そんなことを考えながら、実際にやりながら修正していくのが大事なのかなと思います。

誰だって最初から上手くいく人はいないし、予測が外れることもあります。私も今までにたくさん失敗をして遠回りをしてきました。でも、実際に行動することでしか結果は出ないんですよね。ひとつひとつパズルのピースをはめるように、目の前のことに一生懸命取り組んでいると、ある日パチンとピースが完成して思いもよらなかったことが起こることがあります。そんな、瞬間が嬉しくて、何か辛いことがあってもまた頑張ってしまうのかもしれません。

ネットの世界では周りの人たちがみんな活躍しているように見えて、そんな人に嫉妬して足を引っ張ってみたり、自分はダメだと落ち込むこともあると思いますが、みんな案外裏ではもがいたり苦しんだりしているんですよ。ただ、それを出しているか、出していないか・・・そこがプロとアマチュアの差なのかなと感じています。

そういえば、私も5~6年前はひどかったなぁ。かなりのカマってちゃんでした。でも、そんな私を励ましたり応援してくれる友達がいたから頑張れたんだと思います。友達の存在はありがたいですね。だから、もし自分が今そんな状態だとしてもガッカリしないでください。ご相談にも乗りますよ。

さて、いよいよ Handmade MAKERS’ も来週に迫ってきました。私は11月10日(金)にハンドメイド作家のお悩み相談をします。1,000円/15分

ワークショップの情報も出揃ってきましたので、ぜひ遊びに来てくださいね♪
https://makers-jp.com/exhibitor/md-detail/id-111

Handmade MAKERS’ 2017年11月10日(金)~12日(日)パシフィコ横浜A・Bホール

*今のデザイン学校の様子は昔とは様変わりしているかもしれません。学校を選ぶ時は、ご自分で資料を取り寄せたり体験セミナーに行ったりしてよく考えてお決めください。