秋の夜長にOpal毛糸で梅村マルティナさんの靴下を編む



娘のリクエストで毛糸の靴下を編んでいます。やっぱり冬はあったかい毛糸が恋しくなりますね。


しあわせを編む魔法の毛糸

作り方は梅村マルティナさんのこちらの本がおすすめです。かかとの部分は引き返し編みをすると穴が開いてしまったりして難しいのですが、マルティナさんの編み方はとてもわかりやすく、きれいに編めます。画像ではわかりにくいかもしれませんが、これは履き口から編んでいます。
(この本はAmazonも楽天も品切れです。kindle版もいいかもしれませんね。)


TUTTO Wolfgang Zwerger GmbH Opal 毛糸 Hundertwasser 毛糸 極細 2101 100g 425m

毛糸は人気のOpal。普通に編むだけでどんどん色が変わっていくので楽しく編めます。色数が豊富にあるので、何色を買おうか迷っちゃいますね。


棒針「匠」5本針(短) 1号 54-351 【個】

棒針は、5本針(短)1号がおすすめです。ちょっと細いので編むのは大変ですが、仕上がりはとても薄くてあったかいです。

5本針で編む場合は、針と針の間が緩んで隙間ができやすいので、次の針に移ったら1目目は糸を引き加減に編みましょう。そうすると隙間があきにくく均一な編地になります。

【靴下や手袋がスイスイ編めるミニ輪針】硬質 非対称輪針 G 23cm 0号-15号
(こちらのお店では、Opal毛糸を買うと靴下の編図が無料でもらえます)

輪の部分は、こちらの輪針で編むと更にきれいに編めます。

今まで色々な靴下用の輪針を試してきましたが、どれも編みにくくて苦手でした。でも、こちらは片方が1cm短く出来ているので編みやすく、素材も竹製なので持った時に冷たくないので、かなりストレスが減りました。ぜひ使ってみてください。


Clover 段数マーカー

段数を数えるには、こちらの段数マーカーがおススメです。

秋の夜長に、ほっこり編物。やっぱりいいですね♡
ぜひ、皆さんもお好きな毛糸で編んでみてくださいね。