雪の中、1年に1度の人間ドッグに行ってきました


昨日は関東地方でもたくさんの雪が降って、交通のダイヤが乱れましたね。皆さんのお住まいの地域はいかがでしたか?私の住んでいる神奈川県平塚市は、午前中から雪が降り始めて夜は5㎝位積もりましたが、今朝はほとんど溶けてなくなっていました。

大学の卒論締め切り日だった長女は前日から研究室に泊まり込み、徹夜で論文を仕上げて提出したら、帰りがけに電車が停電で20~30分停止してしまったとヘロヘロになって帰ってきました。大学2年の長男は真夜中過ぎまでバイト。高校1年の次女は駅前まで塾。学生もなかなか大変ですね。

そんな中、あんまり出かけたくはなかったのですが、半年前から予約していた人間ドッグに夫と一緒に行ってきました。バスと電車を乗り継いで約1時間の総合病院です。数年前に病院が移転して新しくなってからは、同じフロアーで全ての検査が行えるようになったのでとても快適です。(以前は、婦人科検診やマンモグラフィーのために一度外の通路を通って外来まで行っていました。)

もう20年以上毎年人間ドッグを受けていますが、こうしてきちんと検査をしてもらって健康をチェックできるのはありがたいですね。子宮がん検診・乳房エコーも毎年オプションで付けています。

5~6年前までは胃の検査はバリウムを飲んでいたのですが、夫が胃カメラの方が楽だというので私も胃カメラにしてもらいました。初めの年は鎮静剤が効きすぎてしまい、お医者さんに「あなたみたいに鎮静剤が効きすぎる人は毎年やらない方がいい」と言われましたが、最近は量を調節してくれているのかそんなに眠くなったり血圧が下がったりしなくなりました。

胃カメラのいい点は、自分の胃の中がモニターで見られるところと、下剤を使わないのでトイレに頻繁に駆け込まなくていいところですね。

でも、こうして毎年検診を受けていると、スタッフや看護師さんの動きとか、お医者さんの対応とか、薬の効き方とか色々と勉強になります。「ここで、こういう声かけをすると患者さんが安心できていいな」とか「この人はまだ慣れてなくて説明や手技がイマイチだな」とか「この先生は患者さんが知らないと思って適当なことを言ってるな」とか・・・。スタッフからしてみたら、心の中でこんなことを思ってるなんて嫌な患者かもしれませんが、人間観察をするのはなかなか面白く、今の仕事や人間関係の場面でも役立っています。

検査が全て終わったのは、やっぱりお昼過ぎでした。朝食を抜いてお腹が空いたので、お昼は駅前のショッピングモールでランチを食べて帰りました。でも、ちょっと値段が高くなって、量が減ったような気がします。ショッピングモールの中も改装中のお店が多く、春からリニューアルするようです。最近は近所にもたくさん新しいモールができたので、売り上げの少ないお店は撤退して新しいお店が入るのでしょう。時代はどんどん変わっていきますね。