思い通りにならない時ほど、地道にコツコツ積み重ねる


昨日はホームセンターでベニヤ板を買ってきて、写真撮影用の背景ボードを作りました。実はすでに450×600mmのものを持っているのですが、スーツケースに入らないので、半分のサイズの450×300mmも新しく2枚用意しました。アイボリーと焦げ茶のリバーシブルです。他にも白黒の大きめの画用紙やポスタースタンドなども用意して写真撮影用の小物はだいたい揃いました。

家に帰ってきて絵の具で塗っていたら、息子がチラチラ見るので「やってみたい?」と聞くと「いや、別に。・・・そういうの好きだね。」ですって。そうなんですよね。小さい頃からもの作りが大好きなんです。

そういえば、小学校4~5年生のころは徹夜で家の模型を作って、翌日学校まで風呂敷に包んで持って行ったけ。ちゃんと方眼用紙で縮小サイズで作って、窓もパラフィン紙を貼って、横にスライド開閉できるように工夫したんですよ。家具にまで色をつけたり、包装紙を貼っていたら夜が明けてしまいました。

今思うと、相当マニアックですよね。でも、クラスのみんながすごく興味を持ってくれたので嬉しかったです。図工か家庭科の宿題だったのかな?ただ、40年前の当時でも風呂敷で持ってくる小学生なんて誰もいなくて、とっても恥ずかしかったのを覚えています。(^_^;)

さて、講座の資料やスライドも次々と出来上がってきています。自分のスマホはInstagramをすでに登録済みで出来ないので、次女にお願いして新アカウントを取ってもらいました。登録しながら一画面ずつスクリーンショットを取ってもらうと「めんどくさい」「何でこんなことやらなくちゃいけないの?」と不機嫌です。反抗期の娘にやってもらうのは結構大変でしたが、全部やってくれたのでありがたいです。

ひとつの講座を開催するにしても、内容を決めて資料やスライドを作り、会場を決めて予約してお金を支払い、参加者の募集をかけて、お金の振り込み、メールのやり取り、当日の会場の準備や受付、領収証の発行、講習、終わった後のフォロー、(懇親会の準備)とたくさんのやることがあります。たぶん、お客様として申し込む時にはこの苦労はわからないと思いますが、やる方になってみると結構大変で一つ一つ気の抜けない作業です。

私も最初の頃は、慣れない講座の開催にずいぶんと苦労しました。でもそんな時に、思いがけず学生時代の委員会や、子育て中のPTA役員などの経験が役に立ちました。講習会を企画して講師を招致したり、イベントやバザーの企画・運営をしたり、広報委員として写真撮影や広報誌作りをしたり。そういう裏方作業をたくさんやってきたお陰で、割合スムーズに開催することができたんじゃないかと思っています。また、一緒に手伝ってくれた仲間の存在も大きかったですね。私は本当に人に恵まれていて幸せ者だと思います。

今まで家庭の事情で、思い通りに進めない期間も長くありましたが、そういう時間が今の自分を作ってきたんだなと思うと、あの頃の自分を「よく頑張ったね」と褒めてあげたい気分です。でも、実は過去の自分もいつも目の前のことを面白がって、全力でお客様に楽しんでいただこうと努力していたんですよね。だから、辛いとか苦しいとかはあまり感じませんでした。

だから、どうぞ今は思い通りにならない方も、この先きっと今の経験が役に立つことがありますから、今目の前にあることを一生懸命やってみてくださいね。

 

ヴォーグ学園 1dayレッスンのお知らせ

ヴォーグ学園 東京校 2018年3月3日(土)

「インスタデビュー講座」10:00〜12:30
「はじめてのブログ講座」13:30〜16:00

ヴォーグ学園 横浜校 2018年3月18日(日)

「インスタデビュー講座」10:00〜12:30
「はじめてのブログ講座」13:30〜16:00

講師:沼里良枝(ハンドメイド起業アドバイザー・ニットデザイナー)

講習料:各3,800円(税込)

定員:各15名

持ち物:スマートフォン、またはタブレット
ご自分の作品や画像(ある人のみ)

*午前・午後の両方の講座をご受講することをお勧めします。
*会場にwi-fi環境はありません。
*当日はアシスタントが2名ずついますので、わからないところは遠慮なくご質問ください。
*1dayレッスンのため、大変お得な料金設定になっています。

詳細は下記のサイトをご覧ください。お申込みをお待ちしています。

ヴォーグ学園 東京校 1dayレッスン

ヴォーグ学園 横浜校 1dayレッスン