ハンドメイド商品を売るためにはジャンルやアイテムを選ぶことと「売りたい」という気持ちが大切


スモッキングのピンクッション(オリジナルデザイン)

ハンドメイド商品を販売するときに注意しなければいけないのは、ジャンルやアイテム選びを間違うと利益を出すのが難しいということです。

例えば、ニットや刺繍や織物など、作るのにすごく時間がかかるものは、ネット販売にはあまり向きません。何十時間もかかって仕上げても、すでにファンが大勢いる人以外は高く売るのが難しいからです。こういうジャンルは完成品を売るよりもオーダーメイドにしたり、教室などで教える方が向いています。

それでも、ニットや刺繍や織物などのジャンルの販売をしたい場合は、売るものを工夫することです。例えば、アクセサリーや小物など、小さいものにすればかかる時間や材料費も少なくててすみ、利益をだすことが可能です。また、商品そのものではなくてキットや図案などを売るのもいいでしょう。

では、どんなジャンルが販売に適しているかと言うと、アクセサリー、布製品、革製品、スマホカバー、インテリア小物、オリジナルキャラクター商品(犬・猫・ウサギ)などです。材料費が安く抑えられて手間があまりかからないもの、材料費や手間がかかってもその分高く売れるもの、流行しているもの、いくつあっても困らないもの、が向いています。

ただ、ネットショップを作ればすぐに売れるか?というと、今はちょっと工夫が必要になってきています。ブログやSNSと組み合わせて宣伝したり、実際に商品を見てもらえる機会をどんどん増やす必要があるでしょう。

実は、売るために一番大切なことは「売りたい」という気持ちです。

私は何度か販売に力を入れた時期がありますが、最初にビーズアクセサリーを販売したときは「自分の商品を売って収入を得たい!」と本気で思っていました。当時はインターネットもそんなに発達していませんでしたし、ブログやホームページもありませんでした。でも、友人に商品見本を送ったり、手作りのカタログを作ったり、季節ごとに商品を企画して、買ってくれた人にカタログを送ったり、実際に会う機会に見本をたくさん持って行ったりと、売るための努力を一生懸命しました。だから、どんどん売れて収入も増えていきました。

でも、次に販売したときは、最初こそ宣伝をしましたが、その後はあまり宣伝をしませんでした。ネットショップもブログもFacebookもやっていたのにです。それは、なぜかというと、実はその当時、親の介護をしていて「本当はあまり売りたくない。いや、むしろ今は売れてしまったら、また作らなくちゃいけなくて困る」と心の中で思っていたからです。だから、友人が「宣伝しようか?」とか「手伝おうか?」と言ってくれたのに全て断っていました。そんなんじゃ売れるはずがないですよね⁉

それに、どこか心の中で友人にお金を出して買ってもらうのは申し訳ないと思っていました。今思えば、自己肯定感が低かったのだと思いますが、当時は体調不良でどうしても自分に自信が持てなかったのです。

ハンドメイド作家さんの中には、結構そういう人が多いんじゃないかな?と思います。でも、そこは少しずつ自分でやってみて自信をつけていくしかないんですよね。私はこれからも、そんなハンドメイド作家さんを応援サポートしていきたいと思っています。

「自分の商品を売りたい」という気持ちと「お客様に喜んで買っていただいて収入を得るのは嬉しい」という気持ち。その2つの気持ちが持てるようになると、どんどん売って行くことができるようになるでしょう。

ところで、ネット販売をはじめる前に、インスタグラムとブログを始めて情報発信について学んでみませんか?

ヴォーグ学園東京校で大人気だった1dayレッスンを3月18日(日)に横浜校でも行います。残席わずかとなっていますので、気になる方はお早めにお申し込みくださいね。

ヴォーグ学園1dayレッスン

お申し込みはこちらから
ヴォーグ学園 横浜校
2018年3月18日(日)
「インスタデビュー講座」残1
「はじめてのブログ講座」残席わずか

講座やセミナーのお知らせ

2018年3月19日(月) 15:00~16:30
平成29年度さいたま市魅力ある商店創出事業「今すぐできる集客テクニック講座」
「映える写真でいいね!をアップ」
講師:丸山すみ氏
大宮ソニックシティ7階(706号室)