途中で挫折しにくい「新しいことの始め方」



今日から新年度、何か新しく始めたい人も多いのではないでしょうか?でも「いざやろう!」と思っても、なかなか始められない時ってありますよね。そういう時の、途中で挫折しにくい「新しいことの始め方」についてご紹介します。

先に予定に組み込んでしまう

予め予定を確認してから、空いていたらスケジュール帳に書き込んでしまいましょう。お金を払う必要のあるものはきちんと払えるか計算してから先払いすれば安心です。ただ、あまりタイトなスケジュールにすると続かないので、無理のない範囲で予定を組むことをおススメします。

みんなに公言してやらざるを得ない状況にする

ブログやSNSに書いたり、リアルな友達や家族に「今年はこれをやります!」と公言してしまうのもいいでしょう。そうすれば、もうやらざるを得ない状況になります。ただ、プレッシャーに弱い人は控えめに言っておいた方がいいかもしれませんね。

完璧を目指さないで取り敢えず1回やってみる

やると決めたら、期限内に必ず1回やってみましょう。その時に最初から完璧を目指さないことです。1回めはお試しのつもりで気軽にやってみて、そこから何回か練習して精度を上げていきましょう。そうすれば、だんだん上達していくでしょう。わからないことやできない事は、人に聞いたり教わったりしてもいいので、とりあえずやってみることを大事にしてみましょう。

とはいえ、毎日の生活していると、仕事、家事、育児、急なトラブルなど、続かない状況に遭遇することもありますよね。そういう時は無理せず1回中断したとしても、また続きから始めてみましょう。とにかく完璧を目指さずやりきることを目標にすると、最後まで続けることができるでしょう。

 

実は私も、今年はデザイン画や色彩をもう一度勉強し直すことにしています。今までに学んで仕事でも役立っていたことですが、やはりずいぶん前に学んだことなので、もう一度きちんと勉強し直したいと思ったからです。時々学び直すことで、自分のレベルや社会の変化を知ることもできますしね。それに、また新しい出会いもありそうです♡

昨日、ずっと使ってみたかったCopiⅽのマーカーペンを買ってテンションが上がっています。どんなことをやるのかしら?わくわく!講座の日が待ち遠しいです。

色彩検定もテキストや問題集を買っていたのに中断してしまったので、今回はもう6月末の色彩検定2級試験に申し込んでしまいました。これでやらざるを得ない状況になりましたね。(笑)

いつかやれる時が来たらやろう、お金が貯まったらやろうなんて思っていたら、いつまで経っても始めることはできません。思い立ったら吉日です!もしよかったら、私の「新しいことの始め方」も参考にしてみてくださいね。